読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 僕が毎週足しげく通っているラーメン屋の店長のお話.その店長は,いつもお客さんを笑顔で迎えてくれる.そして,仕事には厳しい,店員の動きに隅々まで目を配って,無駄な動き,間違いがあると厳しく口を出す.ただ,自分にも厳しいので,店員から本当に慕われているのが雰囲気で伝わってくる,そしてほんとにラーメンが好きで,いつも工夫して改良していることが,ラーメンのスープ一滴一滴からビンビン伝わってくる.
 プロフェッショナルとはかくあるべし,理想の上司とはかくあるべし,と思います.現在僕の中で抱かれたいラーメン屋店長ベスト1に入っています.ただお金貰っているからプロというわけではないんです.僕もそのような仕事ができるような人間になりたいと,ラーメンを食べながら思いました,少し泣きました.店長,おかわり一杯.