読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

か、勘違いしないで!べ、別に休みだからってGWってワケじゃないんだからね!その2 〜あまりに薄着でドッキリ☆編〜

日記 M野伝説

あらすじ:「山へ行け」という神の啓示をうけたM野君のもとに続々とZ戦士が集結。どうなる地球、どうにでもなれ地球。

 M野君と途中から合流したS丸君と共に僕のアパートへ。次の日は朝10時にS町君と合流して富士見台高原に行こうと合意して休むことに。寝る前に漫画が読みたいというM野君に、家にあった「のだめカンタービレ」を与えて僕は眠りにおちました。
 次の日なんとか朝9時半に起床。M野君とS丸君を起こすと。ここでM野君から
「俺、昨日朝の6時まで漫画読んでいた」
 という衝撃発言が飛び出す。

 予定通り、S町君と合流し一路富士見台高原を目指す。4人中3人がデジタル一番レフを装備。デジカメの数(5)>人数(4)という非常に電波な集団の完成です。途中渋滞に巻き込まれるも、S丸君の「iPod Touch+ニコニコ動画集」に助けられなんとか山の麓に到着。ゴンドラに乗り高原を目指します。しかしこの時点で、山は寒いという衝撃の事実にS町君以外の3人が初めて気づく。ちなみにM野君、S丸君が半そで、僕が七分丈、S町君が長袖+上着という装備。ここで「M野君≒S丸君<からあげ<<(越えられない壁)<<S町君」という知的レベルの等式が完成する。
 ゴンドラの途中、あまりの寒さに耐えかねたM野君が
「俺、このシャツを長袖にする」
 と叫ぶと同時に奇跡を起こす。

080501_fujimidai01
080501_fujimidai01 posted by (C)karaage
 天才ピグモン現る。

 ここで知的レベルの等式が「M野君<<(超えられない壁)<<S丸君<からあげ<<(越えられない壁)<<S町君」と変化。公理となりました。

 ゴンドラから下りると、当然どこにも半そでの人はいなくて「若いっていいね」と声をかけられるかなり残念な集団となりました。だって、雪残っているんですもの。その後、高原に向かう途中景色がいいことで有名な場所で記念撮影。

080501_fujimidai02
080501_fujimidai02 posted by (C)karaage
 顔にモザイクがかかっているのはプライバシ保護のためで、猥褻物がついているわけではありません。霧がひどく山は全く見えなくて残念な結果に。ちなみに偶然にもちょうど左から知的レベルの残念な順に並んでいます。
 残念なことは多かったですが非常に楽しい旅になりました。次は九州へ行こうと誓い合った後解散しました。

参考:『Mapo堂: 南信州の旅(日帰り)
 一番知的レベルの高いS町君の日記。