読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚式で国家独唱

 M村君にコメントでつっこまれたので補足。そうです、実は先日の結婚式で僕が一番感動したシーンは、国家独唱という余興でした。すみません、説明がめんどくさい上、多分僕の感動が5ppmも伝わらないと思ったのでアブリビエイトしていました。補足で書いてみます。少しでも伝わるように頑張って絵にしてみました。多分これで20%程度は伝わるのではと思います。意味がわからないかもしれませんが大丈夫です。この目で見た僕も正直さっぱり意味がわかりませんでした。

080908_国歌01
080908_国歌01 posted by (C)karaage
 国家独唱が始まります。バックに君が代の独唱が流れる中初期形態に素早く移行。

080908_国歌02
080908_国歌02 posted by (C)karaage
 そのまま流れるように最終形態に、そして感動。

※自分で見直して、かなり絵がまずいことに気づいたので少し説明します。要は逆立ちした天才のパンツが不思議な力でするすると上がっていき。見事に国旗掲揚と相成る。そのときになんとパンツの(恥ずかしい)しみが、国旗の太陽となり煌々と輝くというパーフェクトなパフォーマンスというわけです。