劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語を見てきました

 何のひねりも無い、そのままのタイトルです。妻が友人と夢の国に行ってしまったので、久しぶりに一人で映画みてきました。
 特に考察も何も無いただの感想ですが、映画見た直後で若干興奮しているため、ネタバレが多少あるかもしれませんのでまだ映画見ていない人はここらへんで引き返しておいて下さい。
 どんだけ興奮しているかというと、家に帰るなりみかんにキュウべえを描いて、頭からむっしゃむっしゃと齧り付くくらいには興奮しています。

http://instagram.com/p/glDVbpJ36b/
みかんにキュウべえ描いてみたけどわけがわからないよ! #CAMERAtan!!

 よし、このくらい行数稼げば大丈夫かな、ネタバレ見たくない人はさっさとどこかに行って下さい。

 まず映画はテレビ放送の魔法少女まどかマギカを見たことを前提に作られていて、完全にその続編になります。映画からみてもそれこそ「わけがわからないよ!」状態でしょう。キャラに思い入れがあるほど楽しめると思います。
 個人的には、本編で不遇の死(?)を遂げたマミさんがかなり活躍していたのがポイントでした。ガンカタシーンだけで元はとれます。ガンカタシーンに限らず映像は良かったですね、テレビも良かったですが、映画は本当に良かったです。まどかマギカがストーリ、ビジュアル、サウンド等全ての才能がマッチした奇跡的な作品であることを再認識しました。
 あと、賛否両論あると聞いていたのでかなり不安だったストーリですが、個人的には置きに来たというか、多少のひねりはあったものの、基本的には凄くストレートだったなと感じました。話としては、そんなに難しく考えることは無くて、暁美ほむら鹿目まどかを取り戻すということが主題なのだと感じました。いや、もっと深いのかもしれないけど基本的に難しく考えられないので。でもきっとそうでしょう。

 これ以上やっても同じことの繰り返しになるので、きっともう正当の続編もないだろうなと思います。エヴァみたいに10年以上たってから続きやる作品ではないでしょうし。
 というわけで個人的には満足でした。繰り返しになりますが、テレビのファンならマミさんのガンカタシーンだけでも見る価値ありでしょう。あと、私の隣の席でみていた知らないおっさんは、途中から号泣し出してどうしようかと思ってしまいましたが、まあ許しましたが。

 久しぶりにだいぶ熱く語ってしまいました。一体このブログはなんなのでしょうか。何でこんな夜中に熱く語っているのでしょう、知るか!!書きたいもん書いて寝る!それだけだ!明日も仕事だ!

 ちなみに、おぎやはぎの矢作さんはテレビ版を見てはまってしまったらしく、ラジオで魅力を語っています。小木プルギスの夜らしいです。とにかく一切中身に触れないままに異常に熱く語っているのが凄いです。まどかマギカファンは必見でしょう。


「まどかマギカ」に、はまってしまったおぎやはぎ矢作さん!! - YouTube