2015年の情報収集はdマガジンで!活字中毒者にオススメ

dマガジン

 去年仕事が変わった関係で、少しは世の中の動向的なものをキャッチアップしないといけない必要にかられています。元々本は好きなのですが、中々寒くなって来ると本屋にでかけるのも億劫ですし、雑誌を毎回買うのもお金がかかりますし、置いておくと邪魔になります。
 そんな中良さげだなと思ったのが、雑誌の読み放題サービス。色々あるようなのですが、最近始まって話題のドコモのdマガジンというサービスを登録してみました。

 月400円で100冊くらいの雑誌が読み放題らしいのでかなりお得かなという印象です。あ、特にドコモさんからはお金はもらっていないです。

dマガジン登録方法

 ドコモのサービスですが、別にドコモユーザでなくても使えます。自分もSoftbank iPhone6Plusですが問題なく使えました。ただ、ドコモユーザじゃないと結構ステップが多くて、自分の場合は以下4つが必要でした。

  1. ドコモID登録
  2. マイドコモ登録
  3. dマガジンサービス登録
  4. dマガジンアプリダウンロード

ドコモID登録

 以下のリンクをクリック

docomo ID - docomo ID発行 - docomo ID発行

 あとは、(ドコモユーザでなければ)ドコモの回線をお持ちでない方の方を選んで、IDとか登録するだけ

マイドコモ登録

 以下のリンクの新規登録から登録しましょう。上記で登録したドコモIDと紐づくことになるっぽいです。

dマガジンサービス登録

 以下のサイトから新規登録。ここでクレジットカード番号入力が必要となります。


dマガジンアプリダウンロード

 お好きな端末にダウンロードしましょう。自分はiPhoneとiPadに入れました。ちなみにKindleみたいに端末間の同期とかまではやってくれません。

dマガジン App

カテゴリ: ブック

価格: 無料

dマガジン使用感

 まだ2日ほど使ってみただけですが、特徴や利点、欠点等をかいてみます。

スクリーンショット

f:id:karaage:20141228104619j:plain

 こんな感じ。ほんとに大量の雑誌が読み放題です。記事の中身もスクリーンショットは撮り放題です。

特徴

  • 400円/月で読み放題。雑誌は100冊程度
  • 雑誌の中身は今のところほぼ読める。雑誌の広告は表示されない。また、たまに表示されない人もいる(灰色に塗りつぶされる)。ジャニーズ系とかね。
  • バックナンバーは読めない。今月売っている雑誌が読めるイメージ
  • スクリーンショットとれるので、保存したいページはスクリーンショットとればよい
  • 1アカウントで5つまでの端末で使用可能
  • 同一アカウントでも、複数端末間での同期等は無し。あくまで立ち読み的なイメージ

利点

  • 安い:この内容で400円/月は安いと思います。というか雑誌は大丈夫なのでしょうか?
  • 手軽:雑誌を捨てなくてよいし、拾い読みできるし最高です
  • 保存:スクリーンショットは撮り放題なので、本屋で罪悪感にかられながら写真とる必要無しです

欠点

  • 遅い:ちょっと表示が遅いかな。耐えれないほどではないですが
  • 重い:データが大量にあるので、4G回線だとすぐ制限に引っかかると思います。実質WiFi専用と思った方がよいです
  • 時間:大量にあるので、ほんと読んでも読んでも読み切れないです。時間泥棒かも

読んでみようかなと思っている雑誌

 以下を読んでみようかなと思います。主に今まで喫茶店とか本屋で時間があるときに読んでいたようなやつです。

  • Mac Fan
  • Newsweek
  • FRIDAY
  • COURRIER
  • 日系ビジネス Associe
  • PRESIDENT
  • プレジデント Family
  • Tokai Walker
  • WIRED
  • 日系トレンディ
  • 週刊アスキー
  • プレイボーイ
  • ファミ通
  • CAPA
  • ダ・ヴィンチ

 これ全部読んでたら月1万いくのじゃないでしょうか?問題は、確実にこんなに雑誌読む時間が無いw他にCanCanとかの女性誌もあるので女性にもよいかなと思います。

まとめ

 とりあえずしばらく続けてみようかなと思います。正月読書の時間がある人は、2015年3月までは一ヶ月以内に退会すれば無料のキャンペーン実施中なので一度試してみてはいかがでしょうか?ちなみに退会しようとすると姑息にもプレゼントキャンペーンで食い止めようとするので、続ける気がある人は、登録したらとりあえず退会ページに行ってプレゼントキャンペーンに応募した方がよいですw
 一つでも読んでいる雑誌があるなら、確実に元はとれそうなので申し込んでみてはいかがでしょうか?