読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真にExif情報を基に自動で日付(タイムスタンプ)を入れるソフトを妻のために作りました

カメラ・写真

f:id:karaage:20160204234612j:plain:w640

妻のためにソフト開発する毎日です

 下記のソフト開発の続きです。

 実は、妻から画像を結合するソフトの他、写真データに自動で日付を入れるソフトを作って欲しいと頼まれていました。なんでも子供のミニアルバムをつくるとき、アルバム制作サービスに写真をアップロードすると、時系列がぐちゃぐちゃになってしまい、アルバムの編集が難しいという理由だそうです。妻情報によれば、自動で日付を入れるソフトは無料のものは、手作業で日付を入れるソフトしかないらしいです。有料なんてもってのほか、とのこと。
 子供のためともあれば、やるっきゃないですね!

自動で日付を入れるソフト作りました

 大量のファイルを一気にコマンドラインで処理したいのと、画像処理のライブラリ豊富、手軽に作れそうという理由でpythonでつくりました。最初は楽勝だろ、とか思っていたのですが、思っていたより時間かかってしまいました。ネットに似たような例があったので、真似すればできるだろうと思ったのですが、よくわからないエラー。画像の型が全然分かっていませんでした。

ソフトの使用例

 ちょうどよいフリー素材があったのでこちらを使います

f:id:karaage:20150430163153j:plain:w640
 ちょうどよいフリー素材。これが


f:id:karaage:20160204234612j:plain:w640
 こうじゃ!

 右下の方に日付が入っているのがわかるとおもいます。やったね!あとは、プログラムの使い方です。宇宙語が続くので、気になる人だけ続きを読んで下さい。

ソフトの使い方

 GitHubで公開します。画像処理のソフト関係は以下にまとめてどんどん増やしていこうかなと考えています。

事前準備

 以下を参考にOpenCV、PILを入れておいてください。

ソフトコピー

 以下のコマンドでclone(コピー)して、ディレクトリに移動

$ git clone https://github.com/karaage0703/python-image-processing.git
$ cd python-image-processing

フォントコピー

 日付の文字にフォントが必要なので、各自の環境のフォントをコピーしてください。デフォルトはArial Blackになっていますが、使いたいフォントがある人は好きにプログラムをいじって下さい。
 フォントのある場所が分からない場合は、LinuxやMacなら以下コマンドで探せます。Windowsの人はグーグル先生に聞いてみて下さい。

$ sudo find / -name "Arial Black.ttf"
Macの場合

 上記のコマンドで以下がみつかる

/Library/Fonts/Arial Black.ttf

 場所がわかったので下記コマンドでコピーすればOK。

$ cp /Library/Fonts/Arial Black.ttf ./
Raspberry Piの場合

 Arial Black.ttfは存在しない。代わりに/usr/share/fonts/truetype/のフォントを使う。プログラムを修正しないなら、例えばFreeMono.ttfを以下のようにコピーしてやればよい。

$ cp /usr/share/fonts/truetype/freefont/FreeMono.ttf ./Arial Black.ttf

1つのファイルに日付挿入

 一つのファイル、例えばtest.jpegというファイルに日付挿入するなら、以下のようなコマンドでOK。

$ python photo-exif-date-print.py test.jpeg

 元の写真はそのままでexifdata_test.jpegという日付挿入された写真ファイルが生成されます。

大量のファイルを処理

 たくさんのファイルを処理したいときは、以下のようなスクリプトを作成しましょう。

#!/bin/bash
for f in *.jpg
do
    python photo-exif-date-print.py $f
done

 例えば、photo-exif-date-print.shというファイルで保存した場合は、

$ chmod 755 photo-exif-date-print.sh
$ ./photo-exif-date-print.sh

まとめ

 これで手軽にExif情報を元に写真に日付を入れられるようになりました。実際日付入れてみると、「あ、この写真この日に撮ったんだっけ」「え?この写真撮ったのこんなに前だっけ?」といったように新たな発見があるので、アルバム作らなくても一度試してみると面白いかもしれません。

 自分は実際にしまうまプリントさんでアルバム作ってみたのですが、かなりよい感じでした。詳細は下記記事参照下さい。





リンク:【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック