Homebrew/Homebrew CaskでMacのソフトをラクラク管理

Macのソフトのインストールが面倒

 Macでソフトのインストールがめんどくさくなってきました。特に、App Storeにないようなソフトをインストールするとき、いちいちソフトのサイトにアクセスして、ダウンロードのページを探してダウンロードして、ダウンロードしたファイルをクリックして、数回OKを押したりと非常に面倒くさいです。Linuxとかならコマンド1行か2行コピペすればインストールできてしまうのに。

Homebrew / Homebrew Caskがある

 Macのパッケージ管理ソフトには、今Homebrewを使っています。Homebrewは基本的にCUIのソフト(絵が無いソフト)しかないのですが、なんとそれをGUIのソフトに拡張したHomebrew Caskというものがあるらしいです。というわけでさっそく使ってみましょう。

 Homebrewをインストールしてない人は、下記コマンドでインストールしてください。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

 Macports使っているよという人は、下記記事を参考にしてHomebrew入れるか諦めて下さい。

 Homebrew Caskのインストールは以下。1行目のコマンドでCaskのインストール。2行目のコマンドは、Caskで扱えるパッケージを増やすことができます(Firefoxの日本語版とか)。

$ brew tap caskroom/cask
$ brew tap caskroom/homebrew-versions

 これで例えば、以下コマンド実行すれば google chromeをインストールすることができます(すでにインストール済みだったら、一旦アンインストールして下さい)。

$ brew cask install google-chrome

 アンインストールは以下だけ。ね、簡単でしょ?

$ brew cask uninstall google-chrome

スクリプト化して自動インストール

 例えば、以下みたいなスクリプトをhomebrew.shというファイルで保存して、$ chmod 755 homebrew.shで実行権限をつけておきます。

# Homebrew
if ! command -v brew > /dev/null; then
  ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
fi

# pyenv
brew install pyenv
brew install pyenv-virtualenv

# byobu (virtual terminal)
brew install byobu

# editor
brew install vim

# git
brew install git

 すると、以下のコマンド一発で一気にインストールしたいソフトを自動でインストールことできます。

$ ./homebrew.sh

 GitHubでリポジトリ作っておけば、クリーンインストールしたMacからcloneしてコマンド一発打つだけですぐ環境が構築できますね。便利!これで再インストールも怖く無い!

 自分のGitHubのリポジトリでのhomebrew.shは以下です。

 私がインストールしているソフトも漏れなくわかるので、私が使っているソフトとか知りたい人は上記リンクの内容参照下さい。そんな変わったソフトは入っていないと思いますが。

 READEMEにも書いてありますが、下記4行のコマンドを打てば、ソフトが自動的にモリモリインストールされていきます。快感。

$ cd
$ git clone https://github.com/karaage0703/mac-dotfiles.git
$ cd ~/mac-dotfiles
$ ./homebrew.sh

更なる発展

 自分みたいに、たまにMacの再セットアップするような人は、こういう風に自分専用のスクリプト作っておいていつでも参照できるようにしておくと、どこでもすぐ環境再現できるので便利だと思います。ただ、定期的に数十台とか数百台管理しないといけない人とかもうちょっとスマートにやりたいという人は、BrewfileとかAnsibleとか使うとよいのかなと思います。参考リンクを参照下さい。自分は今のところ、そこまでは良いかなと思っています。ベタ書きが好きですし。

参考リンク