3DプリンタでRaspberry Pi 3用のいい感じのケースを造形してみた

f:id:karaage:20171022024954j:plain:w640

3Dプリンタようやくまともに使えるようになってきました

 3Dプリンタを入手してから、四苦八苦していたのですが、なんとかまともにプリントできるようになってきました。

 せっかくなので役に立つもの欲しいなーと思っていたところ、部屋の床に剥き出しで運用しているRaspberry Piが目につきました。

f:id:karaage:20171022024939j:plain:w640

 これ、以前作った「からあげDashボタン」のサーバなんですよね(詳しくは、はてなニュースに寄稿した以下記事参照下さい)

 家庭菜園の終了に従い、「家庭菜園Dashボタン」と一緒に「やかんDashボタン」のサービスも勝手に終了したら

「なんで勝手にサービス終了するの!許せない!」

 と妻から猛抗議を受けて、慌ててサービス再開したものなのです。サービス運営する人の気持ちが少しだけ分かりました。

Raspberry Piのケースを3Dプリントする

ケースの3Dデータを探す

 というわけで、Raspberry Piの良さそうなケースを3Dプリントしてみることにしました。自分で作ろうかとも考えたのですが、まだまだ3Dプリント自体が怪しいので、まずは実績のあるもので試そうと探したら、とても良い感じの3Dデータを公開しているサイトを発見しました。

 あなたが神か…

 こちらのブログの管理人の@norifumi さん、偶然にも私と同じ3Dプリンタ(正確には後継機種のBS01+)を使っているようなので、実績もばっちり!使い勝手もとても良さそうなので、まずはこちらを印刷してみることにしました。

3Dプリント設定する

 基本はデータ読み込んで、印刷するだけなのですが。ちょっとだけ迷ったところは、上のケースを造形するとき。

f:id:karaage:20171022023848p:plain:w640

 このまま印刷すると、向き的に大量のサポータが印刷されそうでやだな。ひっくり返せないかなと思っていたのですが、最初ひっくり返し方がわかりませんでした。

 色々試した結果、 下図の通りRotation の Xを180入力して、Auto Positionをクリックしたら簡単にひっくり返しました。

f:id:karaage:20171022024003p:plain:w640

 でも、後からサポータ剥がすの死ぬほど大変だったので、ひょっとしたら元の向きの方が良かったのかも…

ケースを3Dプリント

 後はプリントするだけ!

f:id:karaage:20171022025158j:plain:w640
 できたー!(実はこのとき初めてまともに造形できました)

f:id:karaage:20171022025257j:plain:w640
 結構ワシャワシャ…だけど一応形にはなっています

f:id:karaage:20171022025415j:plain:w640
 バリとかサポータを剥がした図(剥がしきれてないけど)

f:id:karaage:20171022025429j:plain:w640
 ケースちゃんとはまった!結構精度出てるじゃん!

f:id:karaage:20171022025636j:plain:w640
 Raspberry Pi 3を入れて見ました。良い感じ!

f:id:karaage:20171022025650j:plain:w640
f:id:karaage:20171022025701j:plain:w640
 コネクタの穴もばっちり!

Raspberry Pi 3ケースを使用してみる

 早速ケースを使用して見ました。

f:id:karaage:20171022024939j:plain:w640
 Before(これが)

f:id:karaage:20171022024954j:plain:w640
 After(これ!)

 ぐっと安心感が出ましたね!

 このケース、FANもつけられるようなのでFAN付けてみるのも良いかも。

まとめ

 初めて、実用的なものを3Dプリントしてみました。「BS01」なかなか上手く3Dプリントできなくて苦労していたのですが、うまくプリントできるとめちゃめちゃ嬉しいですね。会社の3Dプリンタだと、逆に簡単に造形でき過ぎて物足りなくなるかもしれません(笑)

 自分は、3Dプリントできれば良かったので、3Dプリンタ自体には特に興味なかったのですが、こうやって苦労すると3Dプリンタ自体にも色々興味や愛着も湧いてきました。思わぬ副産物かもしれません(横道にそれているような気もしますが)。

 今後は、本来の目的だった、自分で作成したオリジナルのデータのプリントにもチャレンジしていきたいと思います。

関連記事