GitHubのプロフィールをいい感じにアップデートしてみた

f:id:karaage:20200729230907p:plain:w640

GitHubのプロフィールをアップデート

 GitHubのプロフィールアップデートしてみました。参考にしたサイトは以下です。

GitHub Readme Stats を利用してGitHubプロフィールをカッコよくする - Qiita

GitHubのプロフィール機能 🎉🎉 - Qiita

 書いてあることをほとんどそのままやっただけなのですが、簡単に結果とやり方をメモがわりに紹介します。

 GitHubって何?という方は、以下の記事を参照ください。

GitHubのプロフィールアップデート内容

 最初にどのようにプロフィールが変わったのかを、アップデート前後でスクリーンショットで紹介しておきます。

f:id:karaage:20200729230155p:plain:w640
 アップデート前

f:id:karaage:20200729230907p:plain:w640
 アップデート後

 右上側にある、GitHub StatsやMost Used Languagesといった統計情報がアップデート内容です。

 GitHub Readme Statsを利用することで実現しています。

GitHubプロフィールアップデート方法

 方法は簡単です。最初に、自分のアカウント名と同じ名前のリポジトリを作成します。自分の場合はkaraage0703です。

 リポジトリを作ろうとすると、以下のように「You found a secret!(お前は秘密を見つけたな!)」という表示がされます。

f:id:karaage:20200729230158p:plain:w640

 アカウント名と同じ名前のリポジトリを作成されると、このリポジトリのREADMEの内容が、GitHubのプロフィールページに表示されるようになります。

 後は、README.mdにGitHub Readme Statsのテンプレートを入力するだけです。私の場合のコードは以下の通りです。

<a href="https://github.com/anuraghazra/github-readme-stats">
  <img align="left" src="https://github-readme-stats.vercel.app/api?username=karaage0703&count_private=true&show_icons=true" />
</a>
<a href="https://github.com/anuraghazra/github-readme-stats">
  <img align="left" src="https://github-readme-stats.vercel.app/api/top-langs/?username=karaage0703" />
</a>

karaage0703のところを、ご自身のアカウント名に変更するだけで統計情報が表示されます。

まとめ

 GitHubのプロフィールに統計情報を表示していい感じにアップデートする方法を紹介しました。

 GitHubのプロフィールが手軽に変更できるのはありがたいですね。今後も、色々アップデートしていこうかなと思います。

 私のGitHubのアカウントは以下です。大半はちょっとした自分専用のツールですが、たまに役に立つソフトを公開していたりしますので、興味ある方はフォローしてみてください。

参考リンク

🏆 GitHubプロフィールをイケイケにするトロフィー(活動実績)が表示できるサービスを開発した話 - Qiita

関連記事