読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔撮れなかったような写真が撮れるようになると嬉しい

カメラ・写真

撮れてちょっと嬉しかった写真

 この前iPhoneで撮った写真。

https://instagram.com/p/8Xn8Q5J30c/
コンクリートの十字架

 構図とか雰囲気とか、加工の仕上がりとか自分が狙った感じに撮れたのでちょっと嬉しかったです。勘違いされないように言っておきますが、別にこれが凄い写真だとか言っているわけでは決してないです。ただ、昔の自分ではこういう風に風景を切り取ることって出来なかったなと思うと、少しだけ自分が成長した気になれて嬉しかったりします。

普通に撮った写真

 実はこの写真撮った場所、家のすぐ側で普通に撮影するとこんな感じです。

f:id:karaage:20151010091852j:plain:w640

 これだと何の面白みもないのですが、規則的に電柱ならんでいるので、時間とか構図とか変えたら面白い写真が撮れるかもってなんとなく思ってました。そしたらある日、空がいい感じの色になったので思い切ってローアングルで電柱を対称に切り取ってみたら中々良い感じになりました。

写真は面白い

 正直写真はセンスの部分が大きいと思うのですが、凡人でも写真たくさん撮ったり、常に風景をこう切り取ったら良いかなと思いながら歩いたり、色々なカメラアプリで加工を試したりしていると、少しずつ引き出しが増えていって今まで撮れなかったような写真が撮れるようになるかなと思います。それがたとえ大した写真じゃなくても、自分が狙い通り撮れたり、たまに自分が思った以上の良い感じの写真が撮れて一人ほくそ笑む。そんな感じに写真を楽しむとよいのかなと個人的には思います。

 あとは音楽に比べると機材の性能が如実に現れるので、ある程度は金で解決バイヤイヤイ(茶魔語)ができるのと、上手い下手が音楽より分かりにくいので、上手い人の写真をみても、そこまで自分が落ち込まないという、それでいいのかよという部分があります(笑)自分がネットに平気で自分で撮った下手くそな写真をアップできるのは、ここらへんの鈍感さにあるのだと思います。それでも、たまには上手い人の写真みて落ち込んだり、もうちょっとがんばりたいなと思ったりはしますけどね。ごくたまには。