人工知能

AI時代にこそ読みたい画像処理の本

AI時代に必要な画像処理の本 今や猫も杓子もAIだディープラーニングだと言われる時代です。特に画像認識だと、とりあえずAIでしょ!みたいな感じはありますが、やはりそのバックグラウンドにある基本的な画像処理は重要なのではないかなと思う今日この頃です…

機械学習・ディープラーニング関係の初心者が独学するのにオススメの書籍

機械学習・ディープラーニング関係の本を整理してみた 以下のような事情もあり、初心者向けに良い本って何だろうなと家にある機械学習・ディープラーニング関係の書籍を引っ張り出してきました。 新入社員としてAI人材が来るという話を聞いていたので「色々…

ゼロから作るDeep LearningシリーズはGoogle Colaboratoryで写経して学習するのがおすすめ

「ゼロから作るDeep Learningシリーズ」が最高 ゼロから作るDeep Learningは、TensorFlow、Keras、PyTorchといったディープラーニングのフレームワークを一切使わず、基本PythonとNumpyのみでディープラーニングのアルゴリズムを作って理解していくというハ…

家庭用ロボットは実現するか?天才集団PFNの「Learn or Die」と夢想家集団の「ドラえもんを本気でつくる」を読んだ感想

「Learn or Die」と「ドラえもんを本気でつくる」を読みました ロボット x AI関係で面白い本を2冊続けて読んだので紹介したいと思います。 Learn or Die 死ぬ気で学べ プリファードネットワークスの挑戦作者:西川 徹,岡野原 大輔発売日: 2020/03/18メディア:…

日経Linux2020年5月号にAI関係の記事を寄稿しました

日経Linux2020年5月号に記事が掲載されています 4/10(金)発売の日経Linux2020年5月号にAI関係の記事を寄稿しました。 日経Linux 2020年 5 月号発売日: 2020/04/08メディア: 雑誌 内容に関しては、ラズパイマガジン2020年2月号のAI特集とほぼ同様の内容です…

「Kaggle スタートブック」は今からKaggleを始める人・興味ある人に最適な本です

「Pythonではじめる Kaggle スタートブック」を献本いただきました u++ (id:upura)さんとカレーちゃんさんの共著「Pythonではじめる Kaggle スタートブック」を献本いただきました! 実践Data Scienceシリーズ PythonではじめるKaggleスタートブック (KS情報…

ディープラーニングでテルミンみたいな音を奏でる楽器「Deep Theremin」を作ってみた

第2回ディープラーニングガジェット品評会で発表してきました ディープラーニングガジェット品評会で「ディープラーニングで テルミン作ってみるミン 〜 Deep Thereminの調べ〜」というタイトルで発表してきました。 作ったものの動画はこちらです。 やりた…

注目のディープラーニングフレームワーク「PyTorch」入門

PyTorchに注目が集まっている 最近「PyTorch」熱を感じます。日本のAIベンチャーの雄であるPFNが「Chainer」から「PyTorch」に移行しましたし、つい先日も、著名なAI研究団体のOpenAIがメインのフレームワークをPyTorchにすることを発表し、この勢いは続きそ…

「Python自然言語処理入門」が自然言語処理の基礎にとても良かった

Python自然言語処理入門を読みました 以前レビューを書いた「ディープラーニングの数学」の作者、IBMの赤石さんから、出版社様経由で「Python自然言語処理入門」を献本いただきました。 現場で使える! Python自然言語処理入門 (AI & TECHNOLOGY)作者:赤石 雅…

ラズパイマガジン2020年2月号にAI特集記事を寄稿しました

ラズパイマガジン2020年2月号に寄稿しています ラズパイマガジン2月号に、20ページ以上にわたるAI特集の記事を寄稿しました。 ラズパイマガジン 2020年2月号 (日経BPパソコンベストムック)作者:出版社/メーカー: 日経BP発売日: 2020/01/14メディア: ムック …

岐阜おおがきビエンナーレ2019でAIが人間の創造性を拡張する可能性を感じてきた

岐阜おおがきビエンナーレ2019に行ってきました IAMASで行われた「岐阜おおがきビエンナーレ2019」というイベントに行ってきました。 ビエンナーレという言葉は、2年に一度開催される芸術祭という意味のようです。トリエンナーレの方がよく聞く気がしますが…

個人的に注目しているAdvent Calendarまとめ(2019年版)

2019年注目のAdvent Calendar 今年もやってきました、Advent Calendarの時期です。Advent Calendarというのは、12月中に毎日クリスマスまで技術的な記事を交代で投稿するというお祭り的なイベントです。主に、Qiitaという技術記事投稿のプラットフォームとAd…

Raspberry Pi 4のディープラーニングで画像認識する環境をゼロから1時間で構築する方法

「Raspberry Pi Advent Calendar 2019」の3日目記事です。 ラズパイ4を入手しました ラズパイ4を入手しました。色々事情があり、ポケットに入れて叩いたら2台に増えてしまいました。 ラズパイ4が2つ 手に入ったものは仕方ないので、恒例のセットアップと洒落…

AI x 愛知の勉強会「AIchi勉強会」を主催・発表しました

「AIchi勉強会」無事開催できました 2ヶ月ほど前に、開催を発表した愛知で行われるAIの勉強会「AIchi勉強会」ですが、無事に開催することができました。開催のきっかけなどは、以下記事参照下さい。 最初は、20人くらいの規模で考えていたのが、いつの間にか…

Pythonで基礎から機械学習の勉強するシリーズをはじめました

Pythonで基礎から機械学習始めました 最近、とあることがきっかけで「自分が機械学習の基礎を全然分かってなかった」と改めて痛感したので、1から学び直してみることにしました。 といっても、本を読むだけだとすぐ忘れてしまいそうなので、自己学習を兼ねて…

「AIchi勉強会」今週末 9/7(土)に開催予定です #StudyAIchi

今週末にAIchi勉強会開催します 以前お知らせした愛知で行うAI関係の勉強会「AIchi勉強会」いよいよ今週末に開催されます。詳細は以下参照下さい。 「誰も来なかったらどうしようかな」と思っていたのですが、気づいたら運営・参加者も含めて200人近くの応募…

ディープラーニングでアニメドラえもんの「うそつきかがみ」を再現してみた

「うそつきかがみ」とは 漫画ドラえもんに出てくるひみつ道具です。この鏡は、写った人の顔を美男美女に写してくれる鏡です。Google画像検索で「ドラえもん うそつきかがみ」で検索すると大体どんなものかすぐ分かると思います。 selfie2animeという、自撮り…

M5StickVで超お手軽エッジAI画像認識

超お手軽エッジAIデバイス「M5StickV」 ファブコア・カフェでお話しした「AIエッジデバイス入門」(詳細は以下記事参照下さい)。 主に、Jetson Nanoについてお話ししたのですが、小ネタとして使えないかなと、最近私のTL周りで話題の「M5StickV」も買ってい…

ファブコア・カフェ#35で「AIエッジデバイス入門 記録するカメラから思考するカメラへ」というタイトルで発表しました

ファブコア・カフェで講演しました ファブコア・カフェでお話しさせていただきました。イベントの詳細は、以下記事参照下さい。 発表資料は、公開してもOKとのことでしたので、SlideShareにて公開しました。 AIエッジデバイス入門 〜記録するカメラから思考…

ディープラーニングで軽量のスタイル変換を手軽に楽しむ方法

ディープラーニングでスタイル変換 以下の記事に「17kBのスタイル変換のモデルの作り方」が書かれていたので、ちょっと試して見ました。 Creating a 17 KB style transfer model with layer pruning and quantization 私は手抜き簡略化して、上記の記事のpru…

フリー素材で遊びながら理解するディープラーニング精度向上のための画像データ水増し(Data Augmentation)手法

画像データ水増し(Data Augmentation)手法 Data Augmentation(データの水増し)は、ディープラーニングの画像認識で、学習の際に精度を上げるためのテクニックです。データ水増しは、他にもデータ拡張とか言ったりします。 具体的には、教師データの画像…

ディープラーニングガジェット品評会で「ディープラーニングで作るAIガジェット」というタイトルで発表しました

ディープラーニングガジェット品評会で発表しました ディープラーニングガジェット品評会というshinmura0さん主催のイベントで発表してきました。イベントの詳細は以下Connpassページ参照下さい。 発表者はshinmura0さんをはじめとして、Twitterやブログ、Qi…

愛知県で9/7(土)にAIの勉強会「AIchi勉強会」を開催します

愛知でAIの勉強会を開催します 愛知でAIの勉強会を実施することにしました。きっかけは、ネット繋がりの食事会でした。 奇しくも、全員愛知の製造業で働いていて、機械学習の分野に強い関心があるメンバーだったので「愛知県で会社を越えてAIに興味ある人、A…

GoogleでJetson Nano x TensorFlowの可能性に関してプレゼンしてきました

Googleさんでのプレゼン発表無事終わりました Google 東京オフィスのTFUG(TensorFlow User Group)イベントでJetson Nanoに関して発表してきました。イベントの詳細やプレゼンすることになった経緯などは以下参照下さい(既にイベントは終了しています)。 ど…

ブログで発信していたらGoogleさんとNVIDIAさんに挟まれてイベントで登壇することになりました

TFUGのイベントで「Jetson Nano」に関して発表します TFUG(TensorFlow User Group)のイベントでJetson Nanoに関して発表します。場所は、Google 東京オフィスになります。 イベント詳細や、申し込みは以下参照下さい。 150人定員のイベントなのですが、イベ…

TensorFlowの物体検出用ライブラリ「Object Detection API」を手軽に使えるソフト「Object Detection Tools」を作ってみた

TensorFlowの「Object Detection API」が凄いけど難しい ディープラーニングによる物体検出を色々試しています。 上記の記事では、SSDという手法だけを試してみたのですが、その他の色々な手法(Faster RNN等)やパラメータを変えて比較してみたくなりますね…

連休中に「ディープラーニングの数学」と「身近な数学」と「Google Colaboratory(Python)」でじっくり数学を復習しました

「最短コースでわかる ディープラーニングの数学」「身近な数学」を読む GW(ゴールデンウィーク)中は日経BPさんから献本いただいた「最短コースでわかる ディープラーニングの数学」(以降ディープラーニングの数学)と、ほけきよ(id:imslotter)さんから…

Jetson Nanoをセットアップしてディープラーニングで画像認識を試してみた

Jetson Nano ファーストインプレッション 謎の半導体メーカーのボード型コンピュータ、Jetson Nanoを購入しました。 購入先は、いつものスイッチサイエンスさんです。 少し出遅れたので、届くのが遅くなりましたがようやくゲットできました。 ジャーン 裏側…

Qiitaに生まれて初めて投稿してみたら意外に反応あって良かった

Qiitaに投稿してみた プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービスであるところのQiita。たまにプログラミングに関して調べ物をしたら、Qiitaの記事に助けられたりしていたので、なんとなくは認識していました。 今まで、自分で記事をQittaに…

ひたすら「からあげ画像」を生成する「KaraageGAN」を作って見た

GANで唐揚げをカラッとあげる ディープラーニングのGAN(generative adversarial network)と呼ばれる技術で「からあげ画像」を生成してみました。「直感Deep Learning」という本から引用すると GANは、ディープラーニングの権威の一人であるYann LeCunn によ…