読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使って初めて分かったフィルムカメラとデジタルカメラの違い

140119_DENPARK 4

2016/08/28 修正

初めてフィルムカメラを使ってみて分かったこと

 この前NATURA CLASSICAでフィルムカメラ入門して、一回現像してみたばかりの初心者ですが、やっぱり使ってみて色々分かったことや気づいたことあったので、忘れないうちに偉そうにデジタルカメラとフィルムカメラの違いについて述べてみたいと思います。私は、今までデジカメしか使ったことがないのでデジカメ基準での比較です。

FUJIFILM フィルムカメラ NATURA CLASSICA N  (ナチュラ クラシカ)  FUJI NATURA CLASSICA N

FUJIFILM フィルムカメラ NATURA CLASSICA N (ナチュラ クラシカ) FUJI NATURA CLASSICA N

リンク:Amazonで「NATURA CLASSICA」を探す

フィルムカメラのメリット

 とりあえずフィルムカメラ使ったメリットをあげていきたいと思います。

センササイズが大きい

 今のデジタル一眼レフのフラグシップ機のいわゆるフルサイズ機と呼ばれるカメラのセンサのサイズは、もともとフィルムで一般的なサイズの35mmが基準になっています。つまり、フィルムって実はセンサのサイズとしては非常に大きいものになります。基本的にセンササイズと画質は比例するのでフィルムカメラって実はそれだけで画質にとって有利だったりします。
 フィルムカメラには、さらにその上のサイズの中判カメラと呼ばれる恐ろしい世界もあったりしますがそれはまた別の話。デジタルだとそのクラスのセンササイズはPENTAX 645Dくらいでしょうか。60万くらいしますが。

センサを変えられる

 フィルムカメラだと何気なくやるフィルム交換ですが、フィルムを買えるってことはデジタルカメラで言えばセンサを変えることに相当します。これってなかなか凄いことで一台のカメラでセンサを変えて絵の違いを楽しむことができます。まだ私はNATURA1600しか使っていないので色んなフィルムを使ってみたいなと思っています。
 今は「NATURA CLASSICAにリバーサルフィルムを入れて撮影。トイラボの使い方など。」という記事を見て、リバーサルフィルム試してみたいなと思っています。

追記:実際にリバーサルフィルムを試してみました。詳細は下記記事参照下さい。


 デジタルだとそんなことは絶対できない、と言いたいところなのですがRICOH GXRというレンズユニット毎センサを交換できる超変態カメラがあったりします。まあこれは特別な例ということで。

RICOH デジタルカメラ GXR+P10KIT 28-300mm 170550

RICOH デジタルカメラ GXR+P10KIT 28-300mm 170550

現像が出来上がるまでのワクワク感

 これはよく言われますね。ワクワク感プライスレス

写真の空気感

 出来上がった写真をみて感じることですが、やっぱりフィルム独特の空気感みたいなものがあるなと思います。パソコンの画面を見ても感じるのですが、特にプリントしたものを見るとより顕著に感じます。以前参加したPHOTO HOLICという写真展で強く感じたのですが、フィルムの写真に比べて、自分のデジカメで撮影した写真は、なんていうかデジタル臭いというか、ちょっとキレイ過ぎるんですよね。

デメリット

 もちろんフィルムカメラのデメリットもたくさんあります。

ISOが固定

 フィルムカメラってフィルムによって感度(ISO)が固定されてしまうんですよね。一瞬で感度が変えられるデジタルカメラが圧倒的に便利ですね。感度も最近のデジカメでは25600とかとんでもない数字も使えるようになったので、夜の手持ちとかはデジカメの方が今はだいぶ有利でしょうね。

すぐに仕上がりが見れない

 これはまあやっぱり便利ですよね。失敗してたらすぐわかりますしね。

ランニングコストが高い

 フィルム 36枚で800円=22円/枚。SDカード 32GB(6500枚相当)で2000円=0.3円/枚。しかもデジカメは100回くらいは消して再度使えます。圧倒的ですね。

フィルムあんまり売ってない

 段々種類は減っていますね、この流れは続くでしょう

カメラがあんまり売ってない

 これもそうですね。この前カメラのキタムラで店員のおばさんがおじいちゃんに「もううちではフィルムカメラなんて売ってないよ!」って言ってました。

EXIFデータが見れない

 デジカメだと写真をどんな設定でとったかEXIFデータで分かりますが、フィルムだとさっぱりわかりません。特に自分の持っているNATURA CLASSICAは基本Autoなのでどういう設定なのかさっぱりわかりません。

現像が難しい

 デジカメだとRAW現像はソフト入れれば簡単にできてしまいますが、フィルムの現像は相当難しいと思います。

まとめ

 色々メリット、デメリット並べてみましたが、基本的な仕組みはフィルムの化学反応からセンサの電気反応に変わっただけで本質的にはそれほど大きな違いはないのかなと思っています。個人的には、それほどデジタルかフィルムかにこだわることなく気分を変えるつもりで両方楽しめればよいかなと思っています。
 とにかく写真うまくなりたいという人は、正直デジタルの方が効率はよいかなと思います。何よりたくさん撮れますし、自分で撮った設定も後で見直せますしね。まあでも私は写真はうまくなることより楽しむことが重要だと思っていますし、結局は何を大事にするかだと思っています。
 一番大切なことは実際にやってみないと分からないので、興味がある方は是非フィルムの道に踏み入れてみて下さい。おすすめのカメラは…やっぱり私も今でも愛用しているNATURA CLASSICAですかね。本当に良いカメラです。

リンク:Amazonで「NATURA CLASSICA」を探す