python

PyCon JP 2021オンライン参加レポート

PyCon JP 2021をオンライン視聴しました 日本最大規模のPythonカンファレンス PyCon JP 2021に参加しました。今回は、会場のオンサイトでの参加とオンライン参加の両方が可能なハイブリット形式で開催されました。 2日フルで参加できるわけではないですし、…

ゲーミングPC初めて買ったのでセットアップしました

ゲーミングPCをセットアップします ゲーミングPCを初めて買いました(買ったきっかけや、選定の考え方は以下記事参照ください)。 今回はセットアップ編です。購入したPCをセットアップしていきます。 ハードウェアセットアップ 届いたら部屋一杯がダンボー…

PyTorch入門書の決定版!「最短コースでわかる PyTorch &深層学習プログラミング」

PyTorch入門書の決定版が出ました! 日経BP様より「最短コースでわかる PyTorch &深層学習プログラミング」を献本いただきました。筆者の赤石さんの書籍のレビューは「ディープラーニングの数学」「Python自然言語処理入門」「Pythonで儲かるAIをつくる」に…

GitHubで「Deep Running」というREADMEだけのリポジトリを作ったら奇跡が起こった

「Deep Running」が産まれた日 もう元記事は消えてしまったのですが、なんか的はずれだなーと個人的に感じた「分身ロボットカフェ」を批判する記事がありました。記事の内容はどうでも良いのですが(すでに忘れました)。その記事にあった「ディープランニン…

DepthAIカメラ「OAK-D」キットを買いました

「OAK-D」キットを買いました DepthAIカメラ「OAK-D」キット、スイッチサイエンスさんで発売した直後(7月始め)に買ったのですが、まだブログで紹介していませんでした。あのPINTO氏が開発に関わっているということで、即買いしました。 発売直後は売り切れ…

FIX(福岡DX)で「今さら・今こそAI入門」というタイトルで発表しました

「今さら・今こそAI入門」というタイトルで発表しました 以前告知した以下イベントです。 資料は以下になります。 今さら・今こそAI入門 from karaage0703 今回は、実践的なチュートリアルも行いました。当日のバックアップも兼ねて、復習できる動画をYouTub…

個人出版した電子書籍の表紙画像をプログラムで生成してみた

個人出版した本の表紙をどう作るか問題 先日KDP(Kindle Direct Publishing)で「ゼロから始める情報発信」という書籍を個人出版しました。 ゼロから始める情報発信: No Output, No Value作者:からあげAmazon 書籍を個人出版したとき、何に一番悩んだかという…

日経ソフトウェア2021年7月号に姿勢推定AIの特集記事が掲載されます

日経ソフトウェア2021年7月号に寄稿しました 日経ソフトウェアに寄稿し、日経BP様より著者分の書籍の寄稿をいただきました。 日経ソフトウエア 2021年 7 月号発売日: 2021/05/24メディア: 雑誌 内容としては「姿勢推定AIであなたもバーチャルYouTuber」とい…

Jetson Japan User Groupイベントで「AIロボット開発超入門」という題で発表しました

第5回 Jetson Japan User Group オンラインイベントで登壇しました 5/11(火)の「第5回 Jetson Japan User Group オンラインイベント」に参加・LT登壇しました。Jetson Nano超入門 改定第2版の販売記念という位置づけになります。 スライドは以下となります…

「VJ x DJ = XJ !?」ジェネラティブアートをインタラクティブにPythonで楽しむ方法

ジェネラティブアートをインタラクティブに楽しむ 最近、AI関係のソフトを創るのにも、少し行き詰まりを感じていました。 「ライブラリのAPIを叩くばかりじゃなくて、アルゴリズム自体に直接触れるもっとプリミティブなコードを書きたいな」 という気持ちも…

Google Colaboratoryで始める強化学習入門

この記事は、TensorFlow Advent Calendar 2020の16日目の記事です。TensorFlow成分は少なめです。すみません。 強化学習が面白そう AIの機械学習と言われる分野の技術は、教科書などで大きく「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」という3つに分けら…

AI初心者向けの独学本「からあげ先生のとにかく楽しいAI自作教室」を執筆しました

AI初心者向けの書籍を出します AI初心者向けの書籍「からあげ先生のとにかく楽しいAI自作教室」が2021/1/8に発売となります。既にAmazonページも作成されております。Kindleを中心とした電子書籍は、ネットでの反応に応える形で先行配信となり、すでに購入可…

AIでNARUTO気分!「Deep写輪眼」で遊んでみよう

今一番熱いAI系OSS「Deep写輪眼」 「今一番熱いディープラーニングを活用したOSSは?」 と問われたら、自分の中では@KzhtTkhsさん開発の「Deep写輪眼」で決まりです(個人の感想です)。 このブログで、人の開発したソフトを紹介だけする記事というのはあま…

VS CodeのRemote DevelopmentでラズパイでもGCPでもリモート開発

追記:VS Codeの入門書をZennでリリースしました ブログで扱ったVS Code関連の記事をまとめて、無料の電子書籍としてZennというプラットフォームでリリースしました。本記事の内容も含めてまとめてあります。よろしければ、こちらも参考にしてみてください。…

ラズパイマガジン2020年10月号寄稿とGetWild退勤トレンド1位を記念してAI姿勢推定でGet Wildしてみた

ラズパイマガジン2020年10月号に寄稿しました ラズパイマガジン10月号に寄稿しています。ラズパイマガジンへの寄稿は、2月号での寄稿以来約8ヶ月ぶりとなります。 紙書籍 ラズパイマガジン2020年10月号 (日経BPパソコンベストムック)発売日: 2020/09/11メデ…

GitHubのプロフィールをいい感じにアップデートしてみた

GitHubのプロフィールをアップデート GitHubのプロフィールアップデートしてみました。参考にしたサイトは以下です。 GitHub Readme Stats を利用してGitHubプロフィールをカッコよくする - Qiita GitHubのプロフィール機能 - Qiita 書いてあることをほとん…

Kindleの蔵書リストをGoogle Colaboratoryでデータ分析してみた

Kindleの蔵書リストを手に入れたのでデータ分析してみたくなった Kindleの蔵書リストの入手の仕方という面白い記事をみつけました。 早速Kindleのリストをcsvで入手できました。ただ、入手しただけでは面白くもないので、これを題材にデータ分析してみること…

アイコン画像を独自のライセンス「karaage License」で公開してみた

自分のアイコンの公開 自分のアイコン画像をオーバーレイするようなアプリを公開しました。 そのときに、なんの気もなしに自分の以下のアイコン画像(デザイナーのいまがわ (id:i_magawa)さんに作っていただいたものです)をリポジトリに含めてしまいました…

機械学習・ディープラーニング関係の初心者が独学するのにオススメの書籍

機械学習・ディープラーニング関係の本を整理してみた 以下のような事情もあり、初心者向けに良い本って何だろうなと家にある機械学習・ディープラーニング関係の書籍を引っ張り出してきました。 新入社員としてAI人材が来るという話を聞いていたので「色々…

iOSアプリ「Pyto」でPythonを使ったお手軽カメラアプリ開発

iOSアプリ「Pyto」 きっかけはTwitterでフォローしている @robo8080 さんの以下ツイートでした。 iPhone + Pyto + OpenCVで、画像から顔を検出して笑い男を上書き pic.twitter.com/U5GOtNkQGy— robo8080 (@robo8080) June 7, 2020 これですが、以前から@robo…

高速な科学計算言語「Julia」入門

Juliaとは? Interface誌 6月号で特集されていました。 Interface(インターフェース) 2020年 06 月号発売日: 2020/04/25メディア: 雑誌 雑に言うと、コンパイルできるPythonみたいなものらしいです(雑過ぎ)。PythonでNumpyとか使ってもどうしても遅くなる…

目的に合わせたグラフを作ることの難しさ

グラフ作りに悩む妻 ある日、グラフ作りで悩んでいる妻に相談されました。 なんでも、勤務先での売り上げに関する情報をグラフ化して欲しいというお願いをされたとのこと。聞き取り調査をしたところ、要望は主に以下2つのようでした。 男女別で集計してほし…

「Kaggle スタートブック」は今からKaggleを始める人・興味ある人に最適な本です

「Pythonではじめる Kaggle スタートブック」を献本いただきました u++ (id:upura)さんとカレーちゃんさんの共著「Pythonではじめる Kaggle スタートブック」を献本いただきました! 実践Data Scienceシリーズ PythonではじめるKaggleスタートブック (KS情報…

iOSのヘルスケアデータをGoogle Colaboratoryでブラウザのみで分析する方法

iOSのヘルスケアデータをPythonで分析したい 最近、スマートバンドやスマート体重計を使って、バイタルデータをせっせとiPhoneのヘルスケア上に集めています。 データをiPhone上で眺めてニヤニヤしているだけでも十分気持ち悪いのですが、Pythonでデータを分…

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のデータ可視化・サポートするサイトのまとめ

COVID-19データ可視化・サポートサイトまとめ 作成したサイトは以下です。GitHub Pagesで公開しています。まとめているサイトは、私が個人的に選択しているものでその情報に関しては何の保証もありません。あくまで自己判断でご利用下さい。 原因不明の体調…

PyCon mini Shizuoka「ラズベリーパイの”パイ”とはなんのことだ。」というタイトルでキーノートスピーカーとして登壇しました

PyCon mini 静岡 キーノートスピーカーとして登壇しました。 体調を崩しており、更新に間が空いてしまいました(ようやく回復しつつあります)。先週、PyCon mini Shizuokaで「ラズベリーパイの”パイ”とはなんのことだ。」というタイトルで発表しました。PyC…

PyCon mini Shizuokaがオンライン開催になったので急遽愛知で配信を楽しむ会(一部生配信)を行います

PyCon mini Shizuokaがオンライン開催になりました キーノートスピーカーとして、登壇予定だったPyCon mini Shizuokaがコロナウイルスの影響で急遽オンライン開催となりました。 PyCon mini Shizuokaに関しては、以下記事参照下さい。 元々はチケット購入者…

2月のイベント登壇予定「第2回ディープラーニングガジェット品評会」「PyCon mini Shizuoka 2020」

2月のイベント告知 2月は、以下2つのイベントで発表予定です。 「第2回ディープラーニングガジェット品評会 2/15」 「PyCon mini Shizuoka 2020 2/29」 お陰様で、両方ともほぼ定員は満席となっています。PyCon mini Shizuokaは、僅かに残り席あるようですの…

注目のディープラーニングフレームワーク「PyTorch」入門

PyTorchに注目が集まっている 最近「PyTorch」熱を感じます。日本のAIベンチャーの雄であるPFNが「Chainer」から「PyTorch」に移行しましたし、つい先日も、著名なAI研究団体のOpenAIがメインのフレームワークをPyTorchにすることを発表し、この勢いは続きそ…

ラズパイをJetson Nanoのサブボードとして使う方法(電源供給とシリアル通信)

ラズパイをJetson Nanoのサブボードとして使いたい 久しぶりに、ちょっとマニアックな電子工作ネタを書いてみます。みなさん、Jetson Nano使っていますか?Jetson Nano便利ですよね。ただ、Jetson Nanoですが、自分の場合以下のようなケースで困ることがあり…