工場夜景用のLightroom プリセットを作ってみた

f:id:karaage:20160905221933j:plain:w640

四日市の工場夜景がtwitterのTLに流れてきた

 夜twitterに良い感じの工場夜景が流れてきました。HDRとかPhotoshopのTopaz Adjustをガンガン使ってるのかなと何気なくつぶやいたら、なんとお返事が!

追記:リンク先が消えてしまっていたので、同じ写真が載っているツイートを再掲いたします

 しかも、特にPhotoshopのプラグインは使わず、Lightroomのみとのこと!これはやるっきゃないとのことで早速チャレンジしてみました。

工場夜景 RAW現像のパラメータチューニング

 早速教えてもらったYoutubeでの解説動画を見てみます。

 ふむふむ、ほんとに特別なことはしていないのですね。昔の工場夜景撮影したRAWデータを引っ張り出してきて、動画を見ながら早速パラメータを真似てみます。

f:id:karaage:20160905221931j:plain:w640
 こいつが

f:id:karaage:20160905221932j:plain:w640
 こうだっ!

 う、うーん。悪くないけどちょっと青が強いのかな。オリンパスブルーとかいうくらいだし。というわけでちょこちょこっと青系を中心に色を調整。

f:id:karaage:20160905221933j:plain:w640
 どうだっ!

 うん、悪くないかも。でも、twitterで流れてきた写真ほどの衝撃がないかも…か、カメラの違い!?それか、実はまだ公開されていないテクニックがあるのか!うーむ、悩ましい。

 次に夜景じゃないけど、昼の工場夜景でも試してみます。

f:id:karaage:20160905221929j:plain:w640
 お昼の工場も素敵

 こんどは、いきなり青系調整したバージョンです。ホワイトバランスは、動画のものよりちょっと暖かめに振りました。 f:id:karaage:20160905221930j:plain:w640

 これはかなり雰囲気変わって、シュッとした感じがありますね。

プリセットデータ

 調整したプリセットデータは、下記GitHubのリポジトリで公開しています。

 LightroomのプリセットをGitHubで公開することに関しては、下記記事で説明していますのでよかったら参照下さい。

 よくGitHubわからなくて、ただプリセット欲しいという人は、リンク先に行って、右側にあるClone or DownloadからDownload ZIPというボタンをクリックすればプリセットをダウンロードできます(拡張子が .lrtemplateというファイルがプリセットね)。

まとめ

 最近RAW現像、VSCOのプラグインばっかに頼っていた感があったのですが、たまにこうやってじっくり向き合ってパラメータ弄ってみるのもよいですね。でもやっぱり一番大切なのは素材だなと改めて認識しました。昔のRAWデータ残しておくとこういうときに楽しめてよいですね。

 また工場夜景撮りに行きたくなってしまいました。

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)

関連記事