仕事に旅行に大活躍!無印良品の「吊るせるケース」が超便利

無印良品の「吊るせるケース」がネットで大人気

 無印良品で買ったものの、ずっと使わず放置していた「吊るせるケース」。ある日、ふと便利そうだから使ってみようかなとTwitterでつぶやいたところ、「私も持ってます!」「2つ使ってます!」「すぐ買いました!」とかなり反応多くてビックリしました。

 その中でも気になったのは「2つ使っている」という言葉。確かに、色々入れたらパンパンになって1個では窮屈そうです。また、入れるものを分けると、例えば普段の仕事カバンには2個入れておき、休日は小さいカバンに最低限必要なものを入れた1個だけ移し替えるみたいな使い方ができそうです。

 というわけで、いても立ってもいられず、2個目の「吊るせるケース」を買いに無印良品に行ってみました。

「吊るせるケース」を2種類購入

 近所のイオンの無印良品に行ったところ「吊るせるケース」の専用コーナーがあることを発見しました。人気のほどがうかがえます。

 「吊るせるケース」専用コーナー

 全然知らなかったのですが、吊るせるケースには2種類あって、1つは「着脱ポーチ」がついていました。自分が買ったものには着脱ポーチがついていなかったので、着脱ポーチつきの吊るせるケースを色違いで買うことにしました。

 購入した2種類の「吊るせるケース」

 色以外の見た目はほとんど同じですね。

 中身はそれぞれこんな感じです。モバイルバッテリやPC用の小型の電源アダプタ、周辺機器用のケーブル等、クスリ(合法なやつです)が多いですね。

 過去紹介したものだと、以下のモバイルバッテリとかですね。

 普段必ず持ち歩くモバイルバッテリとケーブルだけは、着脱ポーチにつけておくと、それだけ外して持ち歩いたりできますね。

 着脱ポーチ

 出張のときは、ホテルで吊り下げるとケーブル類がまとまりますし、忘れ物も無くなりそうでよいですね

 吊り下げて使う図

 私は、仕事用カバンはマムートを使っています。しょってて疲れなくてよいのですが、小物入れ的なものは少ないので「吊るせるケース」に収納したのを放り込んでおくという使い方が相性良いです。

まとめ

 無印良品の「吊るせるケース」が超便利なので紹介しました。ほんと今までなんで家で放置していたのだろうというレベルです。

 仕事とプライベート使い分けする場合、1つだけ買うなら脱着ポーチ付きが良さそうですが、オススメはやっぱり2つ買っちゃうことですね。脱着も微妙に手間ですし。大きいバックとの相性は最高だと思います。そのうち3個目も買ってしまいそうですね。

 オススメなので、是非近くの無印でチェックしてみてください。調べたら同じものがAmazonにもありました。近くに無印がない方や、無印に行く時間がない、今すぐ欲しい方はこちらをどうぞ。

参考リンク

【シンプルで便利】無印良品の「ブック型ポーチ」がMacBookシリーズで使うガジェット収納ポーチに最適!

関連記事