読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤子・F・不二雄ミュージアムに行って来た(東京旅行 一日目)

 先週末、藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきたので、ペタペタ写真貼ります。何を隠そう、僕が最も敬愛する漫画家が藤子・F・不二雄先生なので、キャッキャウフフしながら楽しんできました。提案してくれた@kumattauありがとー。

 というわけで、ここからはひたすら写真と一言コメントが続くので興味がある人は続きを読むをクリックして下さい。
 使用したカメラは、Olympus E-P1、レンズはほとんど17mm f2.8で一部45mm f1.8です。

P9306459
 最寄りの登戸駅の看板を見た時点で、僕のテンションはMAX


P9306460
 駅にはドラえもん像もありました

P9306461
 専用のシャトルバスが出ています。4種類あるらしい。僕らが乗ったのはキテレツ号でした

P9306464
 コロ助の形した降りますボタン。ちなみにバスは基本直通なので、押す必要ないし、押しても特に反応は無かったです

P9306465
 つり革もコロ助

P9306466
 平日で予約制だというのに凄い列

P9306467
 待ってる途中も、ショーケースの中のフィギュアで楽しめます。

 展示館の最初の方は残念ながら撮影禁止。藤子先生の仕事道具、原画等がところ狭しと並べられています。電話型の機械で解説が聞けるのがグッドでした。
 途中には、先生の仕事机を再現した箇所があり、膨大な量の資料に圧倒。先生は、子供が間違った知識を身につけないように、動物、植物は必ず図鑑で調べて書いているそうです。そういえば恐竜とかリアルだったもんなー。あとは、先生の経歴とか知られざるプライベートとか、知っている事も多かったのですが、間違えて覚えていたり、全然知らないマニアックな情報も結構ありました。

P9306478
 ジャイ子のコスプレした女の子もいました

P9306480
 これが噂のキレイなジャイアン

P9306484
 なんとオリジナル映画も見れます。切符がFの形に切られてる。

 オリジナル映画は、ドラえもんとパーマンが共演するというちょっと変な世界観(ドラえもんは、本来パーマンの世界の10年後くらいという設定なので)。結構クオリティは高かったです。声は大山のぶ代さんじゃなくて、水田わさびさんの方だったのはちょっと寂しかったけど、まあこれは仕方ないですね

P9306507
 屋外では、色々な藤子キャラがいて記念撮影できます。隠れキャラっぽいのもいたりしました

P9306485
 芝生にパーマン

P9306493
 ドラえもんと土管のある空き地。ここは記念写真スポット

P9306496-1
 どこでもドア。ここも撮影スポット。実物大のどこでもドアは結構不気味でした(笑)

P9306503
 のび太と恐竜

P9306509
 おばQ

 その後は、テイクアウトコーナで少し休憩

P9306487
 当然どら焼きが売っています

P9306488
 これはほんやくコンニャクらしいw

 ちなみにご飯どころは、テイクアウトコーナとカフェの2種類に分かれていて、カフェはもの凄い混むため早めに整理券をもらっておくのがよいです。自分のときは平日の16時の時点で2時間待ちというネズミーランドのアトラクション級の待ち時間でした。

P9306513
 おみやげコーナー。初期ドラえもんがかわいいので思わず買ってしまいました。
他にもここでしか買えないオリジナルグッズが多数販売しています。大人買いする人も多数いました。

P9306521
 ガチャポン。2回目にしてドラえもん入りがあたった僕をうらやましそうに見ている知らない子供。もちろんあげない。

P9306510
 漫画コーナも有って好きに漫画が読めます。品揃えはかなりよくて、藤子先生に関する作品はほぼ揃っているのではないかと。正直ここだけでも値段分の価値あります。

 そして、お待ちかねのカフェに入ります。

P9306542
 スネ夫ヘアー

P9306544
 僕は暗記パンを食べました

P9306545
 @kumattauはラーメン大好き小池さんのラーメン。食器とかも藤子キャラで統一されていて凄いかわいいです。

P9306546
 第一話が印刷されたコースター。これはお持ち帰り可。

P9306547
 ドラミちゃんカフェモカ。ちょっとくずれちゃってる

P9306560
 そんな感じでご飯を食べ終えたころにはすっかり暗くなっていました。結局4時間程満喫できたのかな。
 その他のここに載せきれなかった写真はflickrにおきました。興味ある人は見て下さい。もっと興味がある人は行くっきゃないね☆