VS Code(Visual Studio Code)でRaspberry Pi上のファイルをリモートからファイル編集する手軽な方法

f:id:karaage:20180929160459j:plain:w640

VS Codeを最近よく使っています

 ずっとVimエディタを使用してのですが、最近少しVS Codeにも浮気中です。以下のように色々拡張を入れて結構便利に使っています。

 今は、急ぎで少し修正したい場合はVim、じっくりコーディングする場合はVS Codeと使い分けている感じです。

「SSH FS」拡張でリモートのファイルの編集

 ローカルマシン上のファイル編集は特に困らないのですが、困るのは以下のようにリモートのマシン(サーバ等)上のファイルを編集したいときですね。 f:id:karaage:20180929160459j:plain:w640

 特に、リモートのマシンがRaspberry Pi(ラズパイ)のように非力だとVS Codeを動かすには重くて辛いです。

 今までは、Remote VS Codeという拡張機能を使っていたのですが、SSHでトンネルを掘った上に、1つ1つ編集する対象のファイルを指定しないといけないので結構不便です。普通にリモートマシンをマウントしている感覚でVS Codeから編集できないのかなーと妄想しながら、そんなソフトを作る技術力もないので悶々と枕を濡らしながら寝る日々でした(大げさ)。

 そんな中、私は神を見つけました!

 使い方は「SSH FS」という拡張機能を追加して、上記の記事通り設定するだけです。Raspberry Piのデフォルト設定の場合は、SSHのコンフィギュレーションファイルの設定は以下でOKです。

{
    "label": "raspberry pi",
    "root": "/home/pi",
    "host": "raspberrypi.local",
    "port": 22,
    "username": "pi",
    "password": "raspberry"
}

f:id:karaage:20181125112528p:plain:w640

 これで、VS Codeからクリック一発で、Raspberry PiにSSH接続してリモート上のファイルをまるでローカルのファイルの如く編集できます。最高かよ!これをずっと求めていました…

まとめ

 技術的な記事の紹介だけなので、VS Codeの記事に追記しようとしたのですが、あまりに便利なので思わず勢いで1記事書いてしまいました(笑)たまにはこういうのも良いですよね。ラズパイ上のファイルを編集するだけでなくて、色々応用できそうですね。この拡張のおかげで、今後もますますVS Codeを使うことが増えそうです。

関連記事