読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻のコンクリート像作家 浅野祥雲先生を追い大弘法像を巡る(前編)

日記 カメラ・写真 珍スポット

大弘法像を巡ろう!

 前回訪れた五色園のことを色々ネットで調べていたら、園にあった浅野祥雲なる人物の作品であることがわかりました。そしてこのお方一部ではかなり有名人だったみたいです。wikipediaとか関連ページ見続けていたら半日終わってしまいました。そして調べていくうちに、実家近くに「尾張5大弘法」と呼ばれるコンクリート製の仏像があり、その中にいくつか浅野祥雲先生作のコンクリート像があるということなので、428(チュンソフトの傑作ゲーム)もクリアしたことなのでゴールデンウイークの締めくくりに大弘法像巡りすることにしました。

新居大弘法

なんと実家から歩けるくらいの距離にありました。灯台下暗しとはこのことか。

120505_Aichitaikoubou01
でかい、そしてデジャヴュが、早速ビンゴか?

120505_Aichitaikoubou02
近くで見たとこ。この独特の雰囲気。これは間違いないでしょ!

120505_Aichitaikoubou03
不動明王像もありました。滝の質感がシュールw

120505_Aichitaikoubou04
弘法像の横側に浅野祥雲の銘が!間違いないですね。

120505_Aichitaikoubou05
満足。地元の景色を記念撮影して次に向かう。

後で調べたことろ、この像が浅野祥雲先生の最古にして最大の像らしいです。こんなえらいもんが地元にあったとは。

印場大弘法

印場駅のすぐ近くのお寺の境内にひっそりと佇んでいました。

120505_Aichitaikoubou06
うーむ、これは違うような。浅野先生の銘も見つからず。ということでさっさと次に向かう

小幡大弘法

次は小幡緑地公園の北東にある弘法像。ひっそりと佇んでいました。

120505_Aichitaikoubou07
でーん、うーん。これも違うような。

120505_Aichitaikoubou08
放置されているようで、周りの仁王?像も痛みがひどい。あるはずのもう一体は欠片しか見当たらなかった。

120505_Aichitaikoubou09
裏にまわると、何故か空洞が!?

120505_Aichitaikoubou10
中は掃除道具と落書きでいっぱいでした。秘密の階段は無し

120505_Aichitaikoubou13
付近はお地蔵さんが一杯でした

120505_Aichitaikoubou11
首無し地蔵も多数あり。中にはこんな感じに代わりの顔がおかれているものも

そんなこんなで結局こいつも浅野先生の作ではなさそう、ということで残りの2つの弘法像に期待を託し次に向かうことに。

120505_Aichitaikoubou12
野良のネコちゃんのお見送り

写真も多くなってきたので次回に続きます。果たして浅野祥雲先生の作品を発見することはできるのであろうか?

関連記事

karaage.hatenadiary.jp

karaage.hatenadiary.jp