読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEC製のWiFiルータ「Aterm WG1200HS」買ったら通信速度が2倍以上になった!

電波

2016/08/28 記事修正

はじめに

 当方ネットワークに詳しくなく、素人測定なので参考程度に考えてもらえるとありがたいです。間違いがあったら、優しく教えてくれるとうれしいな!また、当然ですが自分の環境での話なので、どの環境でも効果を保証するような内容ではありません。参考情報程度に捉えてください。

WiFiの調子が悪い(Act 2)

 以前、妻(id:necogista)から要望があり、下記記事にあったようにWiFiの接続改善にトライしていました。

 ただ、それでも最近、以下のような症状が出始めて、自分も気になっていました。

  • 通信がたまに遅い。特にはてなブログのはてなスターが表示されなくてスターつけれなくてイライラする!
  • WiFi通信ができないときがある。これにより妻が激怒、私が惨劇。WiFiの電源OFF/ONで復帰

妻「WiFi途切れる!これ以上途切れたら私とあなたも途切れるから!」
豚「ぶ、ぶひぃぃぃぃぃ!」

 というわけで、卑しい豚がWiFi再度改善を試みることにしましたが、もう以前だいぶやり尽くしてしまったので、最後の手段「最新のWiFiルータ購入」のカードを切ることにしました。マスターカードね。

 最近たまたまロンスタさん (id:lonestartx) から「ルーターならNEC製が良いよー」という話を聞いていたので、とりあえずNEC製に絞ってルータを探してみることにしました。そしてAmazon、価格.comの口コミを日夜漁って、うそはうそであると見抜いた末にみつけた自分のベストの機種はこれ!

リンク:NEC Aterm WG1200HS

 決め手は以下くらいです。

  • 価格がリーズナブル
  • サイズが結構小さい
  • 11ac&2ストリーム(2×2)対応で867Mbpsの高速Wi-Fiルータ
  • 5GHz帯対応
  • 有線LAN全ポートギガ対応
  • ビームフォーミング非対応

 ビームフォーミング非対応は、一見するとマイナスに見えますが、AmazonレビュにWiFiおじさんっぽい人の以下の書き込みをご覧ください。

一番の決め手は、ビームフォーミング機能を搭載してないこと。 ビームフォーミングがあると一見良さそうに思えますが、この機能には落とし穴があります。 ビームフォーミングは、特定の端末に向けた電波を強くする反面、それ以外の方向の電波は逆に弱まってしまいます。、 1人で使うならいいですが、1階と3階とか、家族がいろんな場所で同時に使うような場合、電波が安定しない可能性があります。

この機能がないWG1200HSは、同心円状に、どの方向にも同じ強さで電波が飛んでいきます。 WG1200HSに比べて、WG1200HPのレビューに安定しないとの書き込みが多いのはこのせいだと思っています。

http://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2XL0IX18T9YEG/ref=cm_cr_pr_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00XB9L7BI

 ふむふむ、ちょっと怪しげだけど、理屈はそれっぽい!ということでホイホイ信じてみることにしました。

 ちなみにNECのルータは似た名前で沢山の種類のルータがあるので注意してください。比較は以下がわかりやすいかな。

NEC Aterm WG1200HS購入+ファーストインプレッション

 というわけで早速購入

f:id:karaage:20160221140931j:plain:w640  きた!

 見た目は、スリムでかなり小型です。

 今まで使っていた某I社製のルータと比べるとその差は歴然! f:id:karaage:20160221141546j:plain:w640

 ルータの発売時期とか機能も全然異なるので、I社さんをディスっているわけではないです。念のため。設定に関しては、自分は特に困ることもありませんでした。特にここでは詳しく書きませんので、各自環境に合わせて調べて設定ください。

 以下は通信速度を測定してみた結果です。気になる人は続きをどうぞ。

通信速度測定比較

 やはり気になるのは通信速度。素人ながら測定してみることにしました。使用したのはMacのワイヤレス診断のパフォーマンス。具体的には下記参照。

 あとは、以下のWebサービスも使ってみました。

 比較対象は、今まで使っていた某I社さんのルータですが、何度もいうようにI社さんのルータは発売時期が違う(4年以上前)なので、決してメーカさんをディスっているわけではないので、誤解ないよう(別にI社さんからお金もらってないですが、嫌いではないので)。

ルーター変更前測定値

 まずは変更前のルータの値です。

2.4GHz

f:id:karaage:20160221135626p:plain:w640

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2016/02/21 13:52:46
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 56.07Mbps (7.00MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 64.45Mbps (8.06MB/sec)
推定転送速度: 64.45Mbps (8.06MB/sec)

 グラフに関しては、一番上のレートのグラフが通信速度を表しています。バラツキ大きいですが、だいたい65Mbpsが平均のようです。安定しているタイミングでBNRスピードテストしたら、たしかにその程度の通信速度。

5GHz

 前のルータは古い機種で5.0GHz設定無いので測定不可

ルーター変更後測定値

 ルータ変更した後で、同じ場所で測定。当然シールドルームなどは持ってないので、条件は大体一緒という程度。

2.4GHz

f:id:karaage:20160221144708p:plain:w640

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2016/02/21 14:38:13
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 46.06Mbps (5.76MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 72.10Mbps (9.00MB/sec)
推定転送速度: 72.10Mbps (9.00MB/sec)

 レートは安定して70Mbpsを超えている印象。なんか安定し過ぎてて逆に怖いくらい。数字的にはそれほど大きな違いはないですね。

5GHz

 そういや、5GHzもあったんだっけとついでに計ってみました。これが驚きの結果。

f:id:karaage:20160221150137p:plain:w640

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2016/02/21 14:59:56
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 150.80Mbps (18.85MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 161.80Mbps (20.21MB/sec)
推定転送速度: 161.80Mbps (20.21MB/sec)

 安定して150Mbps超えとる!元の2倍以上じゃないですか!!ちょっと信じられ無い数字です。BNRスピードテストでは、160Mbps超えてます。これほどWiFiがボトルネックになっていたとは…

ルータ変更体感速度

 実際に使用してみた感じですが、明らかに早い気がします。タイミングの可能性はありますが、変更後、はてなブログのスターもサクサク表示されました。これでスター付け放題!!5000円ちょいでこの快適さが手に入るなら大満足です。あと、ルータから有線でNASもつないでいるのですが、NASへのファイルコピー速度もかなり早く快適になった印象です。もっと早く変えておけばよかったかも。  もし家の通信環境がイマイチで、古いWiFiルータを使っている人がいたら、一度WiFiルータの見直し検討してみるとよいかもしれません。

リンク:NEC Aterm WG1200HS