中判フィルムカメラをRaspberry Piを使ってデジタルカメラ化する「ZANGI BRONICA(ザンギブロニカ)」を開発中です

f:id:karaage:20180424232010j:plain:w640

「ZANGI BRONICA(ザンギブロニカ)」開発中

 以前、フィルムカメラのデジタルバックをRaspberry Piを使って作っていました。

 このデジタルバック、Ogaki Mini Maker Faireでも出展をしたのですが、そのとき2,3人の方からいただいたコメントが「ゼンザブロニカを使うとよいのじゃない?」というアドバイスでした。

 ずっと迷っていたのですが、もう買うしか無いと意を決して覚悟を決めるためにTwitterで呟いたら

 ネット凄い…

 というわけで、お借りして良い感じだったので、市場価格で買取りさせていただきました! 

f:id:karaage:20170910234252j:plain:w640

 というわけで、こいつをデジカメ化していきます!名付けて「ZANGI BRONICA(ザンギブロニカ)」

「ZANGI BRONICA(ザンギブロニカ)」の作り方

必要なもの

  • ZENZA BRONICA(ゼンザブロニカ)
     ヤフオクとかフィルムカメラショップで買いましょう

  • 3Dプリンタ
     いまや、どこのお家庭にも1台はある3Dプリンタです。「UP Plus2」がオススメ。詳しくは以下です。

  • フォーカシングスクリーン Eg-S  フォーカシングスクリーンです。どれでもいいというわけでは無くて、Eg-Sが重要です。後で説明します。

Canon フォーカシングスクリーン Eg-S  SCREEN-EGS

Canon フォーカシングスクリーン Eg-S SCREEN-EGS

  • Raspberry Pi
     以下参考にRaspberry Piを買ってセットアップしましょう

  • Quimat 3.5インチタッチスクリーンディスプレイ
     こちらも以下参照下さい

 これまじ最高です

「ZANGI BRONICA(ザンギブロニカ)」設計

 とりあえず適当にコンセプトを図面っぽいものにします。

f:id:karaage:20180425011303j:plain:w640
 あくまで図面っぽいものです。じっくり見ないで!

 適当に作りすぎて、何度も作り直すハメに…メカは苦手なんです…

 図面ができたら、3D CADでCAD設計します。「Fusion 360」を使います。詳細は以下参照下さい。

 適当に押し出してたら完成しました。

f:id:karaage:20180425011525p:plain:w640
 出来上がり(2パーツのうちの1つです)

 CADデータができたら、3Dプリントします。Normalクオリティでも6時間かかる大作です

f:id:karaage:20180422203502j:plain:w640
 でかい…

 こいつを…

f:id:karaage:20180424231241j:plain:w640
 こうじゃっ!!

 そしてフォーカシングスクリーンを

f:id:karaage:20180424231320j:plain:w640
 傷つきやすいのでソーッと

 こうじゃ!

f:id:karaage:20180424231512j:plain:w640
 実は、ちょっと傷ついてしまって泣きそう

 次は、ふたの部分です。以下のようなものを3Dプリントします f:id:karaage:20180428215319j:plain:w640
 ちょっと削ったのは内緒

 以下のようにRaspberry Piカメラを取り付けます

f:id:karaage:20180425005512j:plain:w640

 裏側には、Raspberry Piとディスプレイを取り付けていきます

f:id:karaage:20180425005524j:plain:w640

 あれよあれよという間に、Raspberry Piとディスプレイがくっつきました。

f:id:karaage:20180425005459j:plain:w640

 プロトタイプの出来上がりです f:id:karaage:20180424231937j:plain:w640
 正面図

f:id:karaage:20180424232010j:plain:w640  起動

 ソフトは、以前作った「変デジカメラ」のソフトをほぼそのまま使いました。

撮影テスト

 カメラでカメラを撮るテスト f:id:karaage:20180425005116j:plain:w640

 トリミングしてあります。なかなか雰囲気ある写真が撮れている気がします。

 ちなみにフォーカシングスクリーンが重要で、Eg-Sでなく、Ee-Aというものを使ったときは、下記の写真のようにうまく全体に光が拡散しませんでした。 f:id:karaage:20180425005143j:plain:w640

 ここらへんは、理屈がイマイチわからず、あんまり納得いってないのですが、現状はお金で解決バイヤイヤイ状態です。

まとめ

 中判フィルムカメラをRaspberry Piを使ってデジタルカメラ化する「ZANGI BRONICA(ザンギブロニカ)」のプロトタイプを作りました。今後、もうちょっとスタイリッシュにしたいなとか(できれば、もとのフィルムバックくらいのサイズに収めたい)、色々写真を撮りたいなとか、撮影した写真を使ってxxxして(エロい内容ではないです)とか、色々あるのでじっくり取り組んでいきたいなと思います。

 何か新たに面白いことできたら、今後ブログでもその1部を紹介しようと思います!

参考リンク

http://labo.turtleback.hk/friends-diy-dof-adapter-and-transparency-paper-for-focusing-screen/

関連記事