修理した「ZANGI BRONICA」で撮影した写真の作例

f:id:karaage:20211219135749j:plain:w640

「ZANGI BRONICA」修理しました

 中判フィルムカメラ「ZENZA BRONICA」をRaspberry Pi(ラズパイ)でデジカメ化したのが「ZANGI BRONICA(ザンギブロニカ)」です。詳細は以下記事参照ください。

 そんなザンギブロニカ、不幸な事故により故障していたのですが、なんとか修理しました。

f:id:karaage:20211219135749j:plain:w640

f:id:karaage:20211219135746j:plain:w640

 ケーブルレリーズをラズパイのIOに入力することで、シャッターと連動して撮影できるようになっています。

 動作テストしたとき、ラズパイの中に昔撮った写真が眠っていたのを発見したので、サルベージしました。せっかくなので、ここ(ブログ)に放出しておきます。

「ZANGI BRONICA」で撮った写真

 ほとんど、1年前の「たこさんぽ」のときの写真です。

 町並み
f:id:karaage:20211219135657j:plain:w640

 ポスト
f:id:karaage:20211219135700j:plain:w640

 町並み2
f:id:karaage:20211219135708j:plain:w640

 走る子供
f:id:karaage:20211219135713j:plain:w640

 家のネコ
f:id:karaage:20211219135704j:plain:w640

まとめ

 「ZANGI BRONICA」のラズパイに眠っていた写真を放出してみました。せっかく作ったのでもうちょい使っていきたいという気持ちありつつ、このカメラめっちゃ重い上に、驚くほど歩留まり悪いんですよね。

 まともに撮れる写真、20枚に1枚あるかないかです。カメラは作るのも撮るのも難しいですね。

関連記事

karaage.hatenadiary.jp