オンラインミーティングをレベルアップするアイテムは「ヘッドセット」と「テキストエディタ」で決まり

f:id:karaage:20201018174244j:plain:w640

オンラインミーティングでの問題点

 リモートワークに関する記事を以前書きました。

 その中で「オンラインミーティングは、1人でもオンラインの場合は全員でオンライン実施することにする」という誓い(?)を書きました。で、実際にやってみたのですが、色々問題が発生しました。主に以下2点ですね。

  • 近くにオンラインミーティングしている人がいると、マイクがハウリングする
  • ちょっとした情報の共有が面倒(特にソフトウェア)

 オンラインミーティングに慣れている人なら「何を今更…」という内容かと思いますが、そうです、何を今更でした。

 そんな問題点ですが、それぞれ解決してくれるベストアイテムを見つけました。それがこちらです!ジャーン(時代遅れの効果音)

  • 安価なエレコム製ヘッドセット「HS-102UBK」
  • 無料のマイクロソフト製テキストエディタ「Visual Studio Code(VS Code) with Live Share」

 順に説明していきたいと思います。

エレコム製ヘッドセット「HS-102UBK」

f:id:karaage:20201018174244j:plain:w640

 ハウリングの原因はマイクです。今までPCのマイクを使っていたのですが、マイクと距離が離れているせいで小さい音でも拾おうとするので、自分がしゃべってないとき、他の人の会話の声やノイズを結構拾ってしまうのですよね。同じオンラインミーティングをしている人が近くにいると最悪で、拾った声がスピーカーで増幅マイクで増幅されるというループがおこり、あっと言う前にハウリングします。

 解決するには、ヘッドセット(マイク付きのヘッドフォン)が一番です。オンラインミーティングの必須アイテムですね。実は、ヘッドセットってカッコつけるためにつけるものだと思ってました。完全に勘違いでした。申し訳ありません。

 ヘッドセットですが、会社で買うと時間かかるのとレビューもできないので自腹で購入してみました。Amazonで2000円以下で買える中で評判よいものを適当に選びました。3回ほど使いましたが、全く問題なく使えます。

 USB接続なので「相性とかあったら嫌だな」と心配していたのですが、今のところMacでもWindowsでも問題なく安定して使えています。接続すると一瞬で使えるようになるのもGoodですね。レビュー見ると、USB接続の方がトラブル少なそうな印象だったので、この選択は正解だったかもしれません。

 まだ、使い込んでいないので耐久性は未検証ではありますが、たまに使うくらいのライトユーザーで低価格帯のヘッドセットを探している方には、申し分のないチョイスではないかと思います。

VS Codeエディタ with Live Share機能

 ご存知マイクロソフト製のテキストエディタですね。

「何故オンラインミーティングにテキストエディタ?」

 と思われるかもしれませんが、VS Codeエディタの「Live Share」という拡張機能が便利なのですよね。

f:id:karaage:20201025093959p:plain:w640

 この機能を使うと、VS Code上で同じファイルを共有して、共同編集することが可能になります。ソフトウェア開発だったら、2人で一緒にプログラムするペアプログラミングや、複数人でプログラムするモブプログラミングも可能となります。ソフトウェア開発以外でも、共同で議事録を作成したりとか、色々使い道はある気がします(こちらはまだ未実施)。

 VS CodeのLive Shareは、音声機能もついていて、ミーティング含めてVS Codeだけでも完結できそうです。ただ、VS CodeのLive Shareの接続で手間取る可能性や、VS Code以外の画面を一時的に共有することを考慮すると、ZOOMなどのオンラインMTGツールと併用する形が良いかなと思います。私も、ZOOMと併用する形でVS Codeエディタを使っています。

 VS Codeエディタについてより知りたい人は、以下記事も合わせて参照してみてください。

まとめ

 オンラインミーティングをレベルアップするアイテムを2つ紹介しました。オンラインミーティング、色々不便なこともありますが、ちょっとした工夫で大きく改善したりしますので、色々ノウハウ積み重ねていきたいですね。

 カメラエフェクトとかも使いこなしていきたいところですが、会社のカルチャーとかもあるので、複数の会社でのミーティングなどは使いどころが難しいかもしれませんね。みなさんも、オンラインミーティングでのオススメのテクニックやアイテムあれば、是非教えてください。

参考リンク

NTT Com Remote Work Handbook | NTT Com Remote Work Handbook

関連記事