読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karaage. [からあげ]

からあげに勝手にレモンをかけたらエンドレスレイン(紅)

エンジニアにオススメのiPhoneアプリ

電波 Apple関係

f:id:karaage:20151119083011j:plain:w640

エンジニアたるものいつでも開発できる環境を保有すべし

 そんな意識高いことを思っているわけではないですが、エンジニアがiPhoneに入れておくと便利かもしれないアプリを紹介します。非エンジニアの方にはなにも面白くないと思います。

sshクライアント

Serverauditor - SSH Shell / Console / Terminal

Serverauditor - SSH Shell / Console / Terminal

  • Crystalnix
  • ユーティリティ
  • 無料

 sshのクライアントソフト。非常時にあると救われることがあるかも。あとはサーバのようなディスプレイに繋げてないLinux PCのシャットダウンをしたいけど、クライアントのPCを立ち上げるのが怠いときとかに激しく便利。

ネットワークスキャナ

Fing - Network Scanner

Fing - Network Scanner

  • Overlook Soft
  • ユーティリティ
  • 無料

 iPhoneと同一ネットワーク上にいるデバイスをスキャンしてIPアドレスを教えてくれます。Raspberry PiとかNASのIPアドレス調べる必要あるときによく使っています。

ネットワーク速度チェック

Cloudcheck

Cloudcheck

  • ASSIA-Inc
  • ユーティリティ
  • 無料

 普段使っていないネットワークを使うときは、速度チェックをしておくのがエンジニアの嗜みです。嘘つきました、そんなにやらないかな。

GitHubクライアント

Git Up - What's Hot on GitHub

Git Up - What's Hot on GitHub

  • Dennis Reimann
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

CodeHub - A Client for GitHub

CodeHub - A Client for GitHub

  • Dillon Buchanan
  • 仕事効率化
  • 無料

 issueのチェックや、トレンドに上がっているプログラムのコードのチェックはエンジニアの嗜み(略)

まとめ

 これらのソフトや、Raspberry Pi、Blue Toothの小型キーボードを組み合わせると、移動中の新幹線の中でもiPhoneあればガリガリ開発できるぜ!と思い試したときの写真が以下となります。

f:id:karaage:20151119083011j:plain:w640

 結論からいうと、現実的ではなかったです。iPhone6Plusのサイズでもプログラムはきつかったです。特にマルチタスクで調べ物ができないのが不便すぎました。やはりノートパソコンがやはり便利ですね。

 Raspberry Pi 3

 BT キーボード

関連記事

民俗学・考古学を題材にした漫画を夜な夜な読んでいます

本・漫画

宗像教授シリーズ

 この前山梨旅行で泊まったペンションの本棚で久しぶりに面白い漫画を見つけてしまいました。

宗像教授伝奇考 (第1集) (潮漫画文庫)

宗像教授伝奇考 (第1集) (潮漫画文庫)

宗像教授異考録(1) (ビッグコミックススペシャル)

宗像教授異考録(1) (ビッグコミックススペシャル)

 宗像教授伝奇考といういわゆる民俗学・考古学を扱った漫画で、2chの怖い話に出てくることで有名なリョウメンスクナ、ギリシャ神話と日本神話の類似性、羽衣伝説、「源義経=チンギス・ハン」説を題材にした話等、ワクワク感を誘うキーワードがたくさん出てきます。特にバトルとかがあるわけでなく、禿げたおっさんが主人公で、フィールドワークしながら、ウンチクを話し続けるという硬派なスタイルも好感が持てます。こう書くとつまらなそうなのですが、こういうジャンル好きな人だと絶対楽しんで読めると思います。たまに、少しファンタジーな要素だったり、だいだらぼっちが人を襲うSF的な超展開とかもあるのも個人的には丸ですw

 調べたらこのシリーズ、かなり長い間続いた人気漫画だったみたいですね。後半の異考録というシリーズはKindleでも出ていたので、ちょっとずつ買って読んでいるところです。前半の伝奇考シリーズは漫画喫茶で続き読もうかなと探しているのですが、なかなか見つからない…買っちゃおうかな。

民俗学・考古学をテーマにした漫画

 民族学・考古学をテーマにした漫画、過去読んで面白かったものを紹介してみようかなと思います。この分野の漫画だいたい面白いのが多いのですよね。よっぽど好きで、ちゃんと調べないと書けないテーマというのと、私が個人的に好きというのがあるのでしょう。ちなみに、私の好みでウンチクが多くて、あくまで史実をベースとしているもの(トンデモ説が紛れるのは可)を優先して選んでいます。なので、アクションベースだったり、フィクションがベースのものは外しています。

北神伝綺・木島日記

 「サイコ」で有名な大塚英志さんの漫画ですね。この人の漫画は大体民俗学の要素が出てきますが、特にその要素が強いのが「北神伝綺」「木島日記」のシリーズですね。柳田國男とか遠野物語とかサンカとか、私の民俗学の基礎は、ほぼ大塚英志さんから得ていますwフィクション要素が強めですが、やはりここらへんは外せませんね。

木島日記 (1) (ニュータイプ100%コミックス)

木島日記 (1) (ニュータイプ100%コミックス)

北神伝綺 (上) (角川コミックス・エース)

北神伝綺 (上) (角川コミックス・エース)

MASTERキートン

 ここで挙げている中では、多分一番メジャな漫画でしょうか?私の世界史の基礎はMASTERキートンで成り立っています。とりあえず世界四大文明は嘘ということだけは憶えています。

MASTERキートン 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

MASTERキートン 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

MASTERキートン Reマスター (ビッグ コミックス)

MASTERキートン Reマスター (ビッグ コミックス)

イリヤッド

 これも考古学もの。アトランティスの謎をどうこうという話だった記憶があります。途中までしか読んでないので、また今度最後まで読みたいですね。

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)

ZERO

 神の手を持つという贋作者が主人公という変わった漫画。主人公のZEROが作るのは贋作でなく本物というのが売り。本物作るってどういうこと?と読む前はハテナなのですが、読むと納得…するかも。美術史だったり考古学の知識がいろいろ出てきます。今でも何故か覚えているのは「シェイクスピア=フランシス・ベーコン説」。明日から語りたくなるウンチクがたくさん身につきます。ZEROがゴルゴ13並のアクションをするのも見所です。

ゼロ 1 (ジャンプコミックスデラックス)

ゼロ 1 (ジャンプコミックスデラックス)

妖怪ハンター

 これは未読なのですが、他にも似た様な漫画ないかなと思って調べてみたら出てきました。かなり古い漫画のようですが評価高く気になります。漫画喫茶でも見かけた記憶ないので、どうやって読もうか。こういう漫画こそKindleで出て欲しいですね。

妖怪ハンター 地の巻 (集英社文庫)

妖怪ハンター 地の巻 (集英社文庫)

まとめ

 民俗学・考古学を題材にした漫画をいろいろまとめてみました。共通する点として、文字が多くて大変wまずは宗像教授シリーズをゆっくり読み進めていこうと思います。もし他にもオススメのこの手の漫画あったら教えてもらえると嬉しいです。

参考リンク

おすすめ「民俗学漫画」ランキング|11作品

Mac/Linuxで無料でMinecraftクローンゲーム体験

電波

Minecraftが教育で使われる?

 最近小中学生の間でMineCraft人気みたいですね。なんでも教育用にも活用されるという話があるみたいです。

学校教育でのプログラミング学習普及にむけて ~ 日本初の「Minecraft を活用したプログラミング授業」実証事業のご報告 ~ | The Official Microsoft Japan Blog

 Raspberry Piだと、標準のOS(Raspbian)にMinecraft Piという無料のMinecraftがプリインストールされています。Minecraft PiはpythonやScratchと連携してMinecraftの世界を操作することができるみたいです。

Macでも無料のMinecraft

 そんなMinecraft、pythonで作られたMinecraftのクローンであるPycraftがGitHubで公開されているようです。

 というわけで、早速試してみました。インストールvirtualenv環境が推奨されているのですが、公式のやり方がよくわからなかったので、自分なりにアレンジしてインストールしてみましたので、手順を公開してみます。試してみたい方は参照ください。

Pycraftインストール

 まずは以下記事を参照に環境構築ください。

 pyenv-virtualenvインストールというところまでセットアップ完了すればOKです。

 後は、以下のコマンドを実行すればPycraft専用の環境を構築できます。

$ pyenv global anaconda3-2.5.0 
$ conda create -n pycraft python
$ pyenv global anaconda3-2.5.0/envs/pycraft
$ git clone https://github.com/traverseda/pycraft.git
$ cd pycraft
$ pip install -e .

Pycraftプレイ

 インストール完了していれば、Pycraftインストールしたディレクトリで以下コマンドを実行すればプレイできます。

$ pycraft

 プレイ画面は以下のような感じ。

f:id:karaage:20160422215841p:plain:w640

f:id:karaage:20160422215857p:plain:w640

 敵やアイテムは一切出てこず、ひたすらブロックを壊したり、作ったりするだけです。操作方法などは、以下Pycraft GitHubのREADME参照ください。

まとめ

 Pycraft現段階だと特に面白くもないのですが、今後ローグライク(?)なゲームになるよう開発を進めていくようです。期待大ですね。Pycraftの開発に参加するのもMinecraft遊ぶのより楽しいかもしれません。個人的には、Pycraftのソースコードが、pythonでのグラフィックの扱いなどかなり参考になりそうなので思わぬ発見でした。

 Minecraft Piも時間をみつけて一度色々いじって遊んでみたいですね。ライフゲームとか作ったら面白そうだなと思っていたのですが、検索したら既にもうとんでもないものを作っている人がいて、完全にやる気無くしましたw

 ネットの世界は広大だわ。

娘のなんでも二刀流

カメラ・写真

娘のブーム

 もうすぐ一歳になる娘のブームはなんでも二刀流です。

f:id:karaage:20160411210347j:plain:w640  リモコン二刀流。最近、朝に私のおでこをリモコンでガンガンと優しくつついて起こしてくれます

f:id:karaage:20160506165909j:plain:w640  スリッパ二刀流

f:id:karaage:20160519195435j:plain:w640  スプーン二刀流

f:id:karaage:20160512201152j:plain:w640  洗濯はさみ二刀流

 最近、立ち上がるようになってきたのですが、歩く前に踊りだしています。

写真追加

 今日の最新情報

Vim + ctagsでプログラミングの効率アップ

電波

Vimでプログラム読むのが大変

 Vimでプログラムを書いていると、関数の参照先とか、ある変数が他にどこで使われているか調べたり等するのが大変です。自作のnyamazuスクリプトで探したりしているけど、いちいち検索して、そのファイルを開いて行番号飛ぶのが効率悪いです。簡単に目的のファイルとか変数とか関数に一発でジャンプしたい。きっとそういう便利なものがあるはずだと思って探したらctagsというものがあるそうなので、設定してみました。Mac/Linux(Ubuntu, Raspberry Pi)の両方で動作しました。

ctagsインストール方法

Linux(debian)

 UbuntuでもRaspberry Piでも下記でOK

sudo apt-get update
sudo apt-get install exuberant-ctags

Mac

 Homebrewで一発。

brew install ctags

 Homebrew知らない人は下記参照下さい。

ctags使い方

tagsファイル書き出し

 ctagsはあらかじめプログラムの関数の情報をtagsというファイルに書き出さないといけない仕組みです。なので、プロジェクトのトップディレクトリに移動して、下記コマンド実行して下さい。

$ ctags -R --extra=+f

-Rは再帰オプション、--extra=+fはファイルをタグに含めるオプションです。 ファイルは拡張子を元に自動判別してくれますが、一般的でない拡張子使っている場合は--langmapというオプションを使ってください。例えば、--langmap=HTML:+.launchみたいにすると、.launchという拡張子のファイルをHTMLとして扱います。

 Vimの設定ファイル(.vimrc)には以下加えておくとより便利かもしれません

" tagsジャンプの時に複数ある時は一覧表示                                        
nnoremap <C-]> g<C-]> 

 ctagsはプログラムを修正したら、定期的に実行する必要があるので注意ください。自動化するような設定もありますが、私はそこまではせず、ときどき自分で手動でやるようにしています。

実施例

 とりあえず以下くらいを覚えていれば便利さの片鱗は感じられるかと思います。

  • tagsファイルがあるディレクトリでVimを起動

  • Vimのノーマルモードで:tag <filename>を実行すると一気に目的のファイルが開けます。便利。ファイル名はTab補完がききます。この機能を使用するにはctag--extra=+fオプションが必要です。

  • 定義したクラスや関数名の上でCtrl+]で、クラスや関数の定義元に移動。便利

  • 前の場所に戻る時はCtrl+t

  • C-w} でプレビューウィンドウを開く。プレビューウィンドウは C-w C-z もしくは :pc で閉じることができます

参考リンク

関連記事

子連れでも安心「あかちゃんペンション めーぷる」さんで生後11ヶ月の娘と家族旅行

日記

はじめに

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

 GWの山梨旅行の旅行記です。山梨旅行の完璧なプランに関しては以下参照下さい。

あかちゃんペンション めーぷる

 旅行のプランを考えるにあたって、最重要事項は宿泊先。特に今回は生後11ヶ月になる娘を連れての初めての家族旅行ということで、嫌が応にも慎重になります。大学生のときのように、適当な漫画喫茶で寝るわけにはいかないのです!

 数件の案を出して妻に却下された後、見つけたのが「あかちゃんペンション めーぷる」さんでした。名前に赤ちゃんとついている時点で既に赤ちゃんに優しそうな気配がビンビンします。下記公式サイトによると、和室もあるし、家族貸切風呂、子供が遊べる屋外・屋内スペース。オムツ袋にオムツ用ゴミ箱、離乳食の準備となんでもござれ!

あかちゃんペンション めーぷる

 場所的にも良いよねということで、妻から一発OKをいただきました。

あかちゃんペンション めーぷるさんの写真

160505-07_pension-1

160505-07_pension-2  食堂にはベビーベッドあり。娘が暴れ気味だったので活用させていただきました

160505-07_pension-3  手書き黒板

160505-07_pension-4  屋内スペースに、トランポリンに滑り台

160505-07_pension-13  やんちゃな娘も大喜び!

160505-07_pension-6  子供の日だったので屋外にはこいのぼり。朝はニワトリさんが運動のため放し飼いされているので遊ぶこともできます

160505-07_pension-5  絵本もたくさんあります。子供のころ読んだ懐かしの本(ドリトル先生、指輪物語)から、結構マニアックな漫画もあって私的にも大満足でした。妻も猫の漫画にハマっていたみたい

続きを読む

Raspberry Piの自作簡易防水ケース(延長電源対応)

電波

f:id:karaage:20160509134516j:plain:w640

はじめに

 この記事は、下記「電波ガーデニング」の一つの機能を実現するためのものですが、単独でも成立する記事にしていますので、「電波ガーデニング」をしたい人、タイトル通りのことだけやりたい人、両方の方が対象の記事となります。

Raspberry Piの自作簡易防水ケース

 電波ガーデニングで家庭菜園の栽培記録をする際、Raspberry Piをベランダに出して使いたいので問題になるのが防水性です。また、通信はWiFiがベランダまで届くので問題ないのですが、電源はバッテリだと数時間しかもたず実用的ではないので、なんとか考えなければなりません。    そういうわけで、今回はベランダの軒先にRaspberry Piを設置することを前提に、電源を確保可能な簡易防水ケースの自作をしてみたいと思います。

続きを読む