読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Piで作る自作デジカメ「変デジカメラ」(人工知能搭載)

カメラ・写真 電波

f:id:karaage:20161203105935j:plain:w640

 本記事はRaspberry Pi Advent Calendar 2016 - Adventarの9日目参加記事です。

Raspberry Piで作ったオリジナルカメラをOMMF2016で出展しました

 下記記事で紹介しましたが、Ogaki Mini Maker FaireでRaspberry Piで作った自作デジカメを出展してきました。

 その中でも、このブログで唯一紹介できてなかった、変デジカメラに関して紹介しようと思います。なんとなく。

プロモーション動画

 特に販売する予定もないのですが、なんとなくPVをつくってみました。1分くらいの動画ですので、もし1分くらい暇がある人は見てみてください。

 被写体はフリー素材でおなじみのロンスタ (id:lonestartx)さんです。いつもありがとうございます。変デジカメラ、その見かけからは想像できないくらいやばい画像を加工することが見て取れると思います。

使用している技術

 技術というほど大層なものはないですが、色々組み合わせているので、代表的なものを紹介します。

Darknet

 人工知能での加工に使っていたものです。ほとんどの人はGoogleのDeepDreamだと思っていたみたいですが、実はDarknetという人工知能を使っています。実はDeepDreamも一度試しているのですが、あまりのインストールが辛かったので、インストールが簡単なDarknetを使っています。

 詳細は下記記事参照下さい。

Raspberry PiとPCの通信

 人工知能の加工、Raspberry Pi単体でもできるのですが時間が10分程度かかってしまうので、時間短縮のため今回はPC(Mac Book Pro)をサーバに見立てて、Raspberry Piで撮影した写真をPCに送信して、PCで処理してRaspberry Piに写真を送信するという形でデモを行いました。

 そのために、Raspberry PiとPCで通信を行いました。ファイル送受信のタイミングの通知にはソケット通信を用いて、ファイル送受信自体はftpを使いました。ソケット通信に関しては、そのうち気が向いたら記事書きます。ftpでのファイル送信に関しては以下記事参照下さい。

hendigi.karaage.xyz

PiTFTへの画面表示

 カメラのディスプレイには、PiTFTを使いました。セットアップは以下記事参照下さい。

 pythonでのGUI画面の表示にはpygameを使用しています。pygameに関しては以下参照下さい。

 フォントは「けいおん!」風フォントを使用しています。けいおんフォントに関しては以下参照下さい。

3Dプリンタで作成したオリジナルケース

 記事作成予定(今年中くらい)。

ソースコード・マニュアル

 ソースコード・マニュアルに関しては、GitHubにアップロードしました。以下参照下さい。

 マニュアルは以下です。 github.com

まとめ

 Raspberry Piで作った自作デジカメ「変デジカメラ」を紹介しました。大したことをやっているわけではないのですが、こうやってみると過去色々やってきたことの積み重ねの上にできてるんだなぁと少し感慨深くなりました(単に寄せ集めとも言えますが)。Ogaki Mini Maker Faireでは、デモとして分かりやすくしたほうがよいかなと、人工知能での加工のみに機能を絞って仕上げましたが、せっかく2つのカメラを搭載しているので、今後はそれらを生かしたステレオ処理とか赤外線写真との合成とか色々な実験をしてきたいなと思います。

 ちなみに人工知能加工デモは、意外に若い女性やカップルが楽しんでくれたのが意外でした。逆に子供は「きもーい」と怯えて逃げていく子が多かったです。

変デジ開発室

 自作の変なデジカメの記事は以下サイトにまとめています。もし興味があればご覧ください。

Ogaki Mini Maker Faire 2016 #OMMF2016 で自作変デジ出展しました

カメラ・写真 電波

f:id:karaage:20161203105916j:plain:w640

12/3,4 はOgaki Mini Maker Faire 2016でした

 下記記事で事前に宣伝しましたが、Ogaki Mini Maker Faire 2016に出展してきました。

 初日手伝っていただいたロンスタ (id:lonestartx)さんが、早速レポートをして下さっています。私も12/5は有休とっていたのでブログを書こうかと思っていたのですが、疲れ果てて放心状態だったので本当に助かります。なので、出展に関しては下記記事を見てください!

 出展した変デジに関する情報は、以下のサイトで公開していますので。Ogaki Mini Maker Faireでご興味持たれた方は是非ご覧になってください。

 変デジに使われているコンピュータボード、Raspberry Piに興味があるという方は下記ページに過去の開発記録や情報をまとめていますので、よろしければどうぞ。

 Ogaki Mini Maker Faireに向けた準備の話とか、Ogaki Mini Maker Faireで見た他の人の出展に関しては、また別の記事で紹介しようと思っています。多分今年中には公開できる…かな?

 と、これで終わってもよいのですが、せっかくなので出展した様子を写真で振り返ってみようかと思います。

OMMF2016出展の様子の写真

 Ogaki Mini Maker Faireの写真、今回はほぼ自分の出展に関してだけです(自分ばっか)。他の方の出展に関しては、また別の記事で紹介する予定ですのでお楽しみに!(予定は未定)

前夜祭

 前夜祭から参加していました。

f:id:karaage:20161202182749j:plain:w640  まだガラガラの会場

f:id:karaage:20161202190806j:plain:w640  何故か地面に落ちている自分の紹介のポスター!このときは嫌な予感しかしなかった…

f:id:karaage:20161202191622j:plain:w640  憧れのIAMASの小林先生

OMMF2016

f:id:karaage:20161204093545j:plain:w640

f:id:karaage:20161204093200j:plain:w640  出展者の証

f:id:karaage:20161203105916j:plain:w640

f:id:karaage:20161203113626j:plain:w640  初日手伝ってくれたロンスタさん

f:id:karaage:20161203184640j:plain:w640  懇親会で出てきたからあげ。食べても食べても無限に出てきた。無限からあげ

まとめ

 まずは会場に来てくれた人すべての人に感謝です。100人以上の方にきていただいて、74人の方にデモ体験いただけました。写真撮るのに1分半かかるというとんでもないデモだったので、誰もやってくれないんじゃないかと思っていたので、ほんとうに良かったです。

 あとは、自分のブログやtwitter見てますという人がかなりいてビックリでした。ブログやtwitter見てきてくれたという人もいて本当嬉しかったです。正直そんな人がいると思ってなかったです(超失礼)。特に、自分の会社のパートナでありライバルでもあるとある大企業様で「raspberry pi karaageで検索しろ!」が合言葉になっているときいて心底驚きました。

 手伝いをして頂いたロンスタ (id:lonestartx) さんとツマーさん、matty(id:matty0102)さんには感謝の言葉もありません。多分1人だったら、途中でトイレに篭って出てこなくなっていたと思います。

 最後に、出展を快く許可してくれてサポートしてくれた、愛する妻(id:necogista)と1歳半になる娘に感謝!

悪夢の人工知能の加工による画像公開!

 では最後に、デモで撮影した人工知能で加工したポートレート写真。公開許可頂いた約70人の方のポートレート写真一挙全部公開です!一応ネットにアップしてよいか聞いて了承あった人の分だけ載せていますが、万一手違いある方いらしゃったらすぐ対処しますので指摘下さい(といっても自分でも誰か分からないかもですが…)。

f:id:karaage:20161205230328j:plain:w640

 大量にグロ画像が連続するので、全部見たい人は「続きを読む」をクリックください

続きを読む

柳ヶ瀬商店街フォトウォーク#SH_WALK Vol.2 で撮影した変なもの

カメラ・写真 珍スポット

f:id:karaage:20161119144547j:plain:w640

SH WALK Vol 2で撮影した変なもの

 SH WALKというフォトウォークに参加した記事を下記に書きました。

 自作デジタルバックでの撮影がメインだったのですが、普通のデジカメ(Olympus OM-D E-M5)でもちょっと撮影してみました。街並みも素敵だったのですが、あんまり自分にはいい雰囲気で写せなくて、途中から変なものばかりが目について撮ってしまいました。

 なんか小学生男子がとったみたいな写真になってしまいましたが、のっけてみます。

柳ヶ瀬商店街の変なもの

f:id:karaage:20161119134408j:plain:w640
 これはまだ商店街前かな?パソべるのパソはパソコンなのだろうか?不思議な語感です

f:id:karaage:20161119142056j:plain:w640
 顔ハメパネル好きです。これに顔ハメてやばい顔してました。

f:id:karaage:20161119142251j:plain:w640
 なぜこんなところに?

f:id:karaage:20161119144043j:plain:w640
 手書き臭が凄すぎない?フリーマーケット屋という語感もモヤモヤします

f:id:karaage:20161119144229j:plain:w640
 からあげには素早く反応

続きを読む

今週末12/3,4 Ogaki Mini Maker Faire 2016 #OMMF2016 に自作変デジを出展します

カメラ・写真 電波

f:id:karaage:20161123232416j:plain:w640

Ogaki Mini Maker Faire 2016

 以前お知らせした12/3,4に出展予定のOgaki Mini Maker Faire 2016がいよいよ今週末に迫ってきました。あっという間ですね。

 出展する内容としては、小型二眼レフ、廉価自作デジタルバック、変デジカメラの3点の予定です。

 小型二眼レフは以下のようなやつ

 廉価自作デジタルバックは以下のようなやつ

 変デジカメラは、まだブログで公開していないものです。特に出し惜しみしているわけではなくて、たまたまタイミング的にまだ公開していないだけです。あんまり無駄に期待させるのは申し訳ないので、外観を公開すると以下のようなやつです。

f:id:karaage:20161119140549j:plain:w640
 こんなの

 当日は、自作デジカメに触ったり、撮影したりできます。一応目玉展示と考えているのは人工知能写真加工体験です。当日使用予定のパンフレットは以下のような感じです。

f:id:karaage:20161123232416j:plain:w640

 ほら、言葉通り目玉展示でしょ?誰でも体験できるので、お気軽にどうぞ。

暇な人は遊びに来てください

 しつこく宣伝してしまいましたが、これで最後ですので安心(?)してください。少しでもモノづくり的なことに興味あれば楽しめるのじゃないかなと思います。入場無料ですし、もしお近くでお時間ありましたらお気軽にどうぞ。

 会場の愛知県大垣市 ソフトピアジャパンへのアクセスは以下です。

 バスの時刻表は以下参照ください。

 正直初めての出展でどうなってしまうのか不安で一杯ですが、記憶が確かならわりとゆるい雰囲気だったと思うので、ワイワイ楽しめるのじゃないかなと思っています。後は、会社の人だけには出会わないよう祈っています。つけヒゲで変装しようかな。

変デジ開発室

 自作変デジに関する情報は以下にまとめています。

柳ヶ瀬商店街フォトウォーク#SH_WALK Vol.2 に変デジ持って撮影に行きました

カメラ・写真

f:id:karaage:20161119135415j:plain:w640

SH WALK Vol.2

 SH WALKというフォトウォークイベントに参加してきました

 主催者のロンスタさんの当日の雰囲気がわかるレポートと写真は以下です。

 こんな素敵なイベントを企画くださったロンスタさんには感謝の気持ちしかなく、とても素晴らしい人だなと思っていました。イベントが始まるその瞬間までは…

 イベントが開始するなり「暑いなー汗ばむわー」とさりげなく手ぬぐいで顔を拭うロンスタさん f:id:karaage:20161121001008j:plain:w640

f:id:karaage:20161121001007j:plain:w640
 拡大写真

 その手にしっかり握られているのは「はてな手ぬぐい」。私がノドから手が出るくらい欲しいはてな社オリジナルグッズを見せてくるロンスタ!ぐう鬼畜!

 というか当日小雨で肌寒いくらいだったし!!信じられない!

自作デジタルバックで撮影した柳ヶ瀬商店街

 という小芝居(?)が終わった後、早速フォトウォークが開始されました。今回は、最近自作したデジタルバックを持って撮影してきました。

f:id:karaage:20161119135415j:plain:w640

f:id:karaage:20161119135359j:plain:w640

 撮影している姿が怪しすぎると評判でした。私のこと知らない人はドン引きだったのじゃないかと心配で夜も眠れませんでした(グーグー)。これ以降は、自作デジタルバックで撮影した写真を載っけていきます。写真の加工は、Lightroomで自動調整+露出微調整とトリミング(正方形の切り出し)のみ実施しています。

柳ヶ瀬商店街の街並み

f:id:karaage:20161118222457j:plain:w640

f:id:karaage:20161118222612j:plain:w640

f:id:karaage:20161118222758j:plain:w640

続きを読む

Macの無料ソフトだけでレーザーカッタを使ったオリジナルケース自作にチャレンジ

カメラ・写真 電波

f:id:karaage:20161118121309j:plain:w640

レーザーカッタを使ったオリジナルケース自作

 最近、自作デジタルバックを作りました。詳細は下記記事参照ください。

 ただ、ケースが余った紙箱とあんまりなので、レーザーカッタを使って木製のケースを自作してみることにしました。必要な工程は以下です。

  • ケースの3Dデータ作成
  • レーザーカッタによるケース材切り出し
  • ケース組み立て
続きを読む

Raspberry Piで自作デジタルバック制作

Raspberry Pi カメラ・写真 電波

f:id:karaage:20161009225147j:plain:w640

デジタルバックとは

 憧れのデジタルバックを自作したいなと思います。そもそもデジタルバックとは何かというと、フィルムカメラをデジタル化してしまう凄いやつです。仕組みに関して自分の理解を書き記します。間違っているかもしれないので、詳しい方はそっと教えて下さい。

 まず、そもそもフィルムカメラの仕組みですが、レンズを通して入った光でフィルムを感光させ、化学的変化で映像を定着させます。

f:id:karaage:20161106235536p:plain:w640
 図にするとこんな感じね(多分)

 で、このフィルムをセンサに置き換えて、化学的変化の代わりに電気的変化を使ったのがデジカメです。すなわち、デジカメおよびデジタルバックの仕組みは以下となります。

f:id:karaage:20161106235546p:plain:w640
 多分こんな感じ

 だけど、このデジタルバックが高くて、普通に数百万します。そんなもん一般人に買えるかい!というわけです。ならば作ってしまおうというのが今回の企画です。といってもセンサを作るのはあまりにもハードルが高いので、代わりにスクリーンを使ってやります。そしてスクリーンに映った映像をデジカメでパシャりととってしまおうというわけです。

f:id:karaage:20161106235555p:plain:w640
 図にするとこんな感じ

 以前Raspberry Pi Zeroで作った二眼レフカメラも実はほぼ同じことをしていますね。

 全然意味わからないよ!という人は、以下とか読んでおいて下さい。最初からそうしておけばよかったです(謎の怒り)。

特別企画:基礎から学ぶ「デジタルバック入門」(その1) - デジカメ Watch Watch

続きを読む