読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Pi 2/3両対応 Volumio2でハイレゾオーディオサーバ構築

Raspberry Pi 電波 音楽

f:id:karaage:20170111231459j:plain:w640

ハイレゾオーディオサーバアップデート

 Raspberry Pi 2でハイレゾオーディオサーバを構築してAirplayで音楽を楽しんでいます。作り方や詳細は下記記事参照下さい。

 ただ、たまに音飛びすることなどあったので、Raspberry Pi 3に変えてみたいなと思っていたのですが、ディストリビューション(ソフトウェア群のパッケージ)であるVolumioがRaspberry Pi 3に対応していない状況でした。

 そうこうしているうちに、VolumioがVolumio2にバージョンアップしていたので、Raspberry Pi 3でも動くんじゃないかと思いアップデートを兼ねてシステムを構築しなおしてみることにしました。結果から言うとVolumio2であれば、Raspberry Pi 2/3両方動いたので、好きな方を使ってオーディオサーバを構築することができます。

必要なもの

最低限必要なもの

Raspberry Pi 3 Model B (Element14)

Raspberry Pi 3 Model B (Element14)

Raspberry Pi 3


Raspberry Pi 2 Model B

Raspberry Pi 2 Model B

Raspberry Pi 2(Raspberry Pi 3を使うなら不要)


microSDカード


BUFFALO 11n対応 11g/b 無線LAN子機 親機-子機デュアルモード対応モデル WLI-UC-GNM2

BUFFALO 11n対応 11g/b 無線LAN子機 親機-子機デュアルモード対応モデル WLI-UC-GNM2

WiFiモジュール。Raspberry Pi 2を無線で使いたい時に必要。有線orRaspberry Pi 3を使うなら不要


電源。最低でも2A給電できるものを選びましょう


バッテリからの給電ケーブル。USBのタイプAオス- マイクロタイプBオスのものなら何でもOK

ハイレゾ対応するために必要なもの

SabreBerry+(オーディオDAC)


goot 電子工作用はんだこてセット X-2000E

goot 電子工作用はんだこてセット X-2000E

はんだごてセット。配線の接続に使用


goot はんだこて台 ST-11

goot はんだこて台 ST-11

はんだ台


goot 高密度集積基板用はんだ SD-60

goot 高密度集積基板用はんだ SD-60

はんだの予備


ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー No.3500E-2

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー No.3500E-2

ワイヤストリッパ。ワイヤ(配線)の被覆をムキムキするのに使用


オーディオジャック。赤がRightで白がLeftという鉄の掟があるので2色買いましょう


配線。太さはこんなもんが良いでしょう。

ケース作成に必要なもの

Raspberry Pi B+ (Plus) 専用ケース RS製 (White)

Raspberry Pi B+ (Plus) 専用ケース RS製 (White)

ケース。ハイレゾ対応すると蓋はしまらなくなります


リョービ(RYOBI) ドライバードリル FDD-1000 鉄工5mm 木工10mm 646002A

リョービ(RYOBI) ドライバードリル FDD-1000 鉄工5mm 木工10mm 646002A

RELIEF 六角軸下穴ドリルと両頭ビット10本組

RELIEF 六角軸下穴ドリルと両頭ビット10本組

ケースに穴あけるドリル

スピーカ

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

とりあえずRaspberry Piのオーディオジャックに繋いで試してみたいならこれ


ONKYO WAVIO アンプ内蔵スピーカー 15W+15W ハイレゾ音源対応 ブラック GX-D90(B)

ONKYO WAVIO アンプ内蔵スピーカー 15W+15W ハイレゾ音源対応 ブラック GX-D90(B)

ハイレゾ対応するなら、このくらいのアクティブスピーカで聞くとご機嫌になります(個人差があります)

続きを読む

3Dプリンタでオリジナルデジカメケース作りにチャレンジ (FABスペースの3Dプリンタ使用編)

電波

f:id:karaage:20161118103201j:plain:w640

3Dプリンタでオリジナルデジカメケース作り

 今回の記事は、下記記事の続きとなります。

 上記記事を読むのが面倒くさい人のために、概要を説明すると。3Dプリントサービスに外注だしたけど、出来てあがり確認してビックリ!設計ミスしてましたテヘペロ。なんとかしなくっちゃ!という感じです。

ファブスペースの3Dプリンタを使う

 失敗した箇所を確認したところ、ケースの前面の蓋だけをつくり直せばなんとかなりそうなことが分かったので、蓋を作り直すことにしました。ただ、もういちど外注出すのはお金も高いし、もし次も失敗していたら後がありません。できればすぐ出力して確認したい!そう思っている私に強い味方!そう愛知県金山にあるファブスペースcre8 BASE KANAYAMAさんです。

 既に何度かお世話になっています。レーザーカッタ使った記事は以下

 cre8 BASE KANAYAMAさんの紹介記事は以下です。

 cre8 BASE KANAYAMAさんには3Dプリンタがあるし、最近新調したばかり(2016年年末時点)という情報も得ていたので、早速おじゃまして使わさせていただきました。

cre8 BASE KAYANAMAでの3Dプリンタ使い方

 以下、cre8 BASE KANAYAMAさんで3Dプリンタ使ったときのメモです。3D CADデータ(stl形式)は既に設計作成済みという前提です。3D CADデータの作り方に関しては、前回の以下記事を参照下さい。

 使い方は、あくまで経験者用というか自分用の備忘録なので、初心者や使い方に自信がない方は必ずお店のスタッフの方に使い方を聞くようにして下さいね。

 cre8 BASE KANAYAMAさんには2台の3Dプリンタがあるのですが、今回はそのうちZORTRAXのM200という30万円程度する3Dプリンタを使用しました。

f:id:karaage:20161118103201j:plain:w640  ZORTRAX M200

 以下は、3Dプリンタの使い方や、製造過程の写真が中心となります。興味ある方は続き御覧ください。

続きを読む

CanCamの自撮りライトでライティング勉強のため色々実験してみた

カメラ・写真

f:id:karaage:20170110001043j:plain:w640

話題沸騰のCanCamの自撮りライト

 自撮りだけでなく、マクロのブツ撮りや虫撮りにも使えると話題のCanCamライト。詳しくは以下記事など参考にして下さい(完全な手抜き)。

 妻に頼んで買ってきて貰えばよかったのですが、待ちきれなかった私は、エロ本を買う中学生のごとく、Interface誌とジャンプVRに挟んで購入しました。

f:id:karaage:20161230122313j:plain:w640

 こういう雑誌の付録は、ブロガーとしては発売して直ぐ記事を書くことが大切なのですが(すぐ本屋から姿を消してしまうので)もちろん、私は知ったこっちゃないです。雑誌が発売して1ヶ月後だろうが、1年後だろうが、レビューしたいときにレビューする。それがkaraage流です。

CanCam(キャンキャン) 2017年 02 月号 [雑誌]

CanCam(キャンキャン) 2017年 02 月号 [雑誌]

 Amazonだとぼったくり価格が出てきたりするので注意して下さい

CanCam自撮りライトでライティングの実験

 CanCam自撮りライト、買ったらすぐ分解して改造してやろうと思っていたのですが、思っていたより完成度が高かったので、分解するのがもったいなくなり、色々試してみることにしました。

 もともとライティングに興味はありながら、一つも照明機器もっていなかったので、ライティングの勉強にはちょうどよいかなと思い、自分が本とかネットで聞きかじった、ありったけのライティングテクニックを存分に試してみることにしました。

 今回は、以下の写真のような感じでマンフロットのミニ三脚にミラーレス一眼(Olympus OM-D E-M5)を載せてライティングしてみました。被写体はダンボーくんです。 f:id:karaage:20170110000311j:plain:w640

 今回試してみて気付きましたが、ダンボーサイズ感的にも、影の出方的にも、お値段的にもライティングの被写体にかなり向いている気がします。

普通に撮影(リファレンス)

 まずは、最初に何もライティングしないで撮影した様子です。 f:id:karaage:20170109182636j:plain

 うん、普通ですね。

普通にライティング

 次に以下の写真のように、CanCamライトで照らして撮影しました。 f:id:karaage:20170109183556j:plain:w640

 以下の写真のように、かなり強く影が出ていかにもライトをあてましたという写真になります。 f:id:karaage:20170109182650j:plain:w640

ティッシュをかけてデフューザにして撮影

 次に、カメラ雑誌で読んだフラッシュに布をかけて、光を柔らかくするという、素人が真似したくなるライティングテクニックNo.1(と勝手に思っている)デフューザを試してみました。今回は、以下の写真のようにティッシュをCanCamライトに巻いてディフューザ代わりにしています。 f:id:karaage:20170109183545j:plain:w640

 以下が、ティシュを1枚巻いたときの写真です f:id:karaage:20170109182710j:plain:w640

 以下が、ティッシュを2枚巻いたときの写真です f:id:karaage:20170109182735j:plain:w640

 ティッシュの枚数に応じて影が弱まり、自然な感じになっているのがわかります。

長時間露光+ライティング

 次に、部屋を暗くした状態で長時間露光した状態で、CanCamライトで色々な方向から被写体(ダンボー)に光をあてるというテクニックを使ってみました。 f:id:karaage:20170109183026j:plain:w640

 マニュアルで撮影したのですが、露出設定は色々試行錯誤しました。上記の写真は、F16 ISO 200 シャッタースピード10s程度で撮影しています。影が消えてくれることを期待していたのですが、光の当て方がまずかったのか、結構影が強く出てしまいました。

 この撮影方法は、以下記事を参考にしています。LEDライトセイバーの代わりにCanCamライトを使用した形になります

【武蔵野電波のプロトタイパーズ】第22回「プロ並み写真をすぐ撮れるLEDライトセイバー」 - PC Watch

比較明合成 +ライティング

 色々な方向から光を当てた写真を比較明合成してみました。効果としては、先ほどの長時間露光と同様ですが、撮影が長時間露光より簡単というメリットがあります。その分あとの合成が大変です。具体的には、以下のように色々な方向から光を当てた写真を数枚用意します。 

f:id:karaage:20170109183214j:plain

f:id:karaage:20170109183241j:plain

f:id:karaage:20170109183305j:plain

f:id:karaage:20170109183312j:plain

 今回は、上記の写真の他5枚を加え合計9枚の写真を用いました。

 次に、9枚の写真を比較明合成します。Photoshopなどの画像処理ソフトでできると思います。そんな高級ソフト持ってない!という人は、拙作の無料のソフト「Multiple Exposed Holic」を使ってみてください。

 以下サイトからダウンロード可能です。MultiExposedHolic_For_Mac_V0_5.zipがMac用でMultiExposedHolic_for_Win_V0_5.zipがWindows用です。

 具体的な複数の写真を合成する方法に関しては、以下の記事を参考にしてください。下記記事は花火を例にして比較明合成していますが、全く同じ要領で合成できます。

 合成した結果の写真が以下です。 f:id:karaage:20170110001043j:plain:w640

 長時間露光と同じような効果を狙ったのですが、全く影のないCGのような少し独特な質感の写真が出来上がりました。この手法は一応自分で考えてみたつもりなのですが、ライティングする人にとっては当たり前のテクニックだったりするような予感がします。もしオリジナルの手法だったら、勝手にkaraageライティングと名付けたいと思います!真似していいよ!

まとめ

 CanCamの自撮りライト使って色々な撮影方法を試してみました。ライティング、奥が深くて楽しいですね。結構はまってしまいそうです。問題は、CanCamがもう手に入らないことですが、以下みたいな小型のLEDライトを使っても同じような実験ができると思います。値段も3000円以下とお安いので自分も1個買ってみようかなとか思っています。こうやってライト沼にハマってしまいそうで怖いですが…

 ライティングしてブツ撮りするなら、ミニ三脚は必須かなと思います。Manfrottoのやつとかが小さくて丈夫なのでオススメ。自分も愛用しています。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

3Dプリンタでオリジナルデジカメケース作りにチャレンジ (DMM.makeさんへ外注編)

Apple関係 電波

f:id:karaage:20161113135657j:plain:w640

3Dプリンタでオリジナルケースを作りたい

 色々電子工作をしていると作りたくなるのがオリジナルのケース。簡単なケースなら、以前下記記事で紹介したようにレーザーカッタで出力して組み立てるのが安くて早くて簡単でオススメです。

 ただ、レーザーカッターでは難しい、もうちょっと複雑な形のケースが必要な場合もあります。その場合は3Dプリンタを使うのがよいです。というわけで、3Dプリンタで自作デジカメ用のオリジナルケースを作ったのでそのときの具体的な流れをメモを兼ねて紹介しようと思います。

 自作したデジカメに関しては下記記事参照下さい。

3Dプリンタでオリジナルケースを作る方法

 3Dプリンタでオリジナルケースを作るのは、大きな流れとしては、設計して製造する必要があります。

  • 設計(図面作成して3D CADでモデリング)
  • 製造(3Dプリント)

 3Dプリントする方法は、外注をお願いする方法とFABスペースと呼ばれる3Dプリンタやレーザーカッタなどがあるモノづくり施設にデータ持ち込んで出力する方法の2通りがあります。今回は紹介するのは外注する方ですが、FABスペースで出力する方も後日紹介予定です。 

手書きで図面を引く

 いきなり3D CADを使ってもよいのですが、まずは手書き図面を引いてみるのがオススメです。

f:id:karaage:20161029230540j:plain:w640  全体図をなんとなくかく

f:id:karaage:20161029230605j:plain:w640  寸法を入れる

 ちなみに当方メカは苦手なので、細かいツッコミはご容赦下さい。サイズが許すなら実寸で描くと現物で確認できたりするので便利です。ほんとは図面は色々気を使わないといけないポイントあるのですが、趣味なので雰囲気でOKにしちゃいます(ダメエンジニアの例)

3D CADでモデリング

 3D CADにはAdobe 123D DesignというCADソフトを使います。PCでもMacでも動作します。以下からダウンロードして下さい。

 ソフトの使い方は本記事末の参考リンクなど参照下さい。初心者でもわりと直感的に操作できるかと思います。手書き図面を元に、ちょいちょいと3Dモデリングします。

f:id:karaage:20161119013201p:plain:w640
 こんな感じ

 初めてでどうすればよいか悩んだのはケースの厚みでしょうか。色々調べて最終的に3mmにしました。データができたら、stl形式で保存します。これでモデリングは完了です。

 参考までに、今回作成したstlデータは下記となります。

3Dプリント(DMM 3Dへ外注)

 データができたら、製造を外注に出します。外注先は以前ドーナツ作ったときに比較して一番良かったDMM.makeさんにしました

 DMM.makeさんのサイトにアクセス DMM.make 3Dプリント

 ユーザ登録を済ませたら、3Dデータをアップロードというアイコンをクリックして、先ほど作成したstlデータをアップロードします。すると以下の画面になります。

f:id:karaage:20161103012304p:plain:w640

 右の種類の選択をクリックすると、下図のように色々種類が選択できるので種類を選びます。

f:id:karaage:20161103012328p:plain:w640  ナイロンを選択

 おすすめは、安くてクオリティも高いナイロンです。

f:id:karaage:20161103012340p:plain:w640  2,1387円

 安いといっても、思ってたより高い…けどもう引き返せないのでポチっとなと注文。これで作業は完了。あとは待つだけです。

できあがり

 クリックから2週間くらいで、DMM.makeさんから3Dプリントしたケースが送られてきました。

f:id:karaage:20161113135337j:plain:w640  こんな感じ

f:id:karaage:20161113135437j:plain:w640  3Dプリントされたものは、プチプチで簡易包装されています

f:id:karaage:20161113135657j:plain:w640  ジャーン!

 しかし、組み立てていて重大なミスを発見。自分が色々な細かい寸法を勘違いしていたため、ディスプレイを入れると前面の蓋が閉まらない…

f:id:karaage:20161118232144j:plain:w640  し、閉まらない!!

 当時、出展予定のOgaki Mini Maker Faireまでは、もう一度作り直す時間が無い状況でした!どうしよう!

まとめと次回の予告

 3Dプリンタでオリジナルケースを作って見ました。結構簡単にクオリティ高いオリジナルのケースが作れます。ただ、やはり結構お値段がはるのと、完成まで2週間くらい待た無いといけないのがつらいところですね(特急サービスもありますが、さらにお金がかかります)。

 次回は、ファブスペースで3Dプリントする方法に関して紹介します。というか、今回のミスをリカバーするためにやむなくという感じです。みなさんも3Dプリント外注出すときは慎重にw

3Dプリントサービスリンク:DMM.make 3Dプリント

関連サイト

 自作デジカメに関する情報は下記参照下さい

参考リンク

3Dプリンターでラズベリーパイケースを作ろう!(2)モデリング編① | Device Plus - デバプラ

3Dプリンターでラズベリーパイケースを作ろう!(3)モデリング編② | Device Plus - デバプラ

正月休みに読んだ面白かった漫画・技術書のまとめ

本・漫画 人工知能 Raspberry Pi

正月に読んだ本

 正月休みも終わってしまいました(私は今年1/10が仕事初めでした)。毎年正月は読書のチャンスなので、色々本を読んだりします。その中でも自分として興味深かったものをメモ代わりに紹介してみます。

AIの遺電子

 以下の記事をちょっとだけ読んで、物凄く興味惹かれたので、記事は読まずに(ネタバレになるので)Kindleですぐ買ってしまいました。

 もう自分の言いたいことは上記のサイトでほぼ言われているので、ここでは書きませんw 攻殻機動隊、人工知能、ロボットといったキーワードに興味ある人なら大体好きなんじゃないかなと思います。

 そして、これどこかで読んだことある雰囲気の作品だなぁと思ったら、作者「バイナリ畑でつかまえて」の人なのですね。凄い好きな漫画です。バイナリ畑は、ネットで無料で読めるので、興味ある方は以下らへんを読んでみると雰囲気がつかめるのじゃないかなと思います。

 AIの遺電子は4巻までで現在連載中

AIの遺電子 1 (少年チャンピオン・コミックス)

AIの遺電子 1 (少年チャンピオン・コミックス)


 バイナリ畑でつかまえては完結しています。Webで無料で読めるのですが、Kindleの方が読みやすいし、安いので自分は買ってしまいました。

バイナリ畑でつかまえて

バイナリ畑でつかまえて

逃げるは恥だが役に立つ

 今さら自分が紹介するまでもないですが、2016年に大ヒットしたドラマの原作です、ドラマは少ししか見れていません…。原作は、ドラマと設定こそ同じものの、かなり雰囲気違うと思います。漫画の実写化って、漫画をそのまま再現しようとして爆死したり、原作を完全に無視して爆死するケースが多い印象ですが、このドラマをプロデュースした人は、うまく原作の素材を生かして、ちゃんとテレビ向けにアレンジしていて凄い優秀なのだなとあらためて思いました。

 原作は原作でもちろん面白くて、結構考えさせられるなというか、作者の教養(勉強の結果?)を感じさせる意外と社会派な内容です。ムズキュンしたいだけの人はちょっとがっかりするかもしれません。私は原作の方が好きかな。

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

ゼロから作るDeep Learning

 まだ全然読み終わってないですが、この本読んでゼロからDeep Learning作ってます。良書の予感がしているので、手抜きせず手を動かして少しずつ理解しています。学習した結果は以下の記事にまとめています。Raspberry Piでの環境構築例も記載しているので、うまく環境構築できない人や、試すための手軽なパソコンが無いという人はよければ参考にしてみて下さい。

 冬休み中には全然終わりませんでしたが、ちゃんと最後まで手を動かしながら読破する、予定です。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

まとめ

 自分は結構たくさん本を読みたい多読派で、読み飛ばしながらガンガン本を読んでいくタイプなのですが、あんまり身になっていない気がしたので、今年は良いと思った本を一冊ずつじっくり読みたいなと思っています。特に技術書とかは実際に手を動かした結果をブログなりGitHubなりにアウトプットすることで理解を深めていければ良いなと思っています。実際、自分へのメモ的に読んだ本のことを書こうとすると、ある程度自分で内容を解釈できていないと全然文章にまとめられなくて、自分がいかに理解できてないか痛感したりするので、結構効果あるんじゃないかなと思ったりしています。凄い時間かかるし大変ですけど。

 あとは、昔読んだ本でも、良書はどんどん再読したいですし、逆に初めて読む本でもイマイチと感じたら容赦なく途中で読むのやめようかなと考えています。

岐阜の元祖タンメン屋がめちゃうまでした

グルメ

岐阜タンメン

 Ogaki Mini Maker Faire2016に出展した帰り、美味しいラーメンでも食べて帰ろうということでmatty(id:matty0102)さんと岐阜タンメンを食べにいってきました。その名も元祖タンメン屋。なんだか、名前を聞くと本家タンメン屋とかと熾烈な名前争いをしているのかと思いましたが、特にそんなことはないようです。

元祖タンメン屋

 いつものように写真ペタペタ貼って終わりです

f:id:karaage:20161204191512j:plain:w640
 外観。雨が降っていたのに行列できてました

f:id:karaage:20161204184133j:plain:w640
 お腹が減っていたので、半チャン餃子セットを頼む

f:id:karaage:20161204185246j:plain:w640
 なかなか雰囲気のある店内

f:id:karaage:20161204190035j:plain:w640
 タンメン!!これめちゃうまでした

f:id:karaage:20161204190103j:plain:w640
 チャーハンも好きな味

f:id:karaage:20161204190316j:plain:w640
 餃子も好き

f:id:karaage:20161204185504j:plain:w640
 岐阜では家庭でもこの味が楽しめるらしい

感想

 岐阜タンメン初めて食べたのですが、めちゃめちゃ美味しかったです。今、夜中にこの記事書いているのですが、味を思い出して自分で飯テロ状態になっています。例えるなら、鍋のあとの〆のラーメン、たくさんの野菜が煮込まれたあの味がいきなり出てくる感じです。美味しいに決まってます。

 調べてみたら、岐阜だけでなく愛知にも数店舗ありました。また、是非行ってみたいなと思っています。

新Web漫画「トリマン」連載開始します

本・漫画

f:id:karaage:20161231154951j:plain:w640

新Web漫画「トリマン」連載します

 なんと今日から新しいWeb漫画を連載します。その名も「トリマン」。酉年だしね。

 今回は、「わたしの股関節ちゃんとわたし」の作者 うゆに (id:moeacin)さんとタッグを組んで、原作:からあげ 作画:うゆに の2人体制で漫画を描きます。そう、「バクマン。」と同じスタイルですね。

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

 2人でタッグを組んだのは、もちろん金のためです。完全にビジネスライクに連載しています。書籍化、キャラクターグッズ販売、アニメ化、メディアミックス大歓迎ですので関係者の方はいつでも声をかけてください(twitterとかで適当に)。このために「バクマン。」を全巻読み返してきたので隙はないです。

 連載は一応1年限定を考えています。1年間連載して、特に何もなかった場合は多分存在自体が無かったこととして闇に葬ろうと思います。応援よろしくお願いいたします!